W大阪/Oh.lala…でちょっと贅沢なディナーはコスパ最高!?

ホテル
スポンサーリンク

ついに行って来ました「W大阪」さん!

どこを取っても、隅から隅まで、キラキラ眩しすぎてなかなか写真整理が進まニャいです^^;

Wキャンディ

そこで今回は、ホテルの中にあるレストランの一つ、「Oh.lala…」さんでいただいたディナーの様子をサクッとまとめてみました。

ミシュランガイド2つ星のフレンチレストラン、「ラ・シーム」の高田シェフが監修されている、というのも興味津々でした。

シャンパン

魚料理

結果は大満足でした!

一番の驚きは「W大阪」さんのメインダイニングとは思えないコスパの良さでした!

ワインやなんやと飲んでたらそれなりのお値段にはナリますが、ディナーコースは9,800円からという構成にビックリしました。

日本人らしく?お値段真ん中あたり、11,000円のコースをいただきましたw

宿泊したのは2022年6月中旬です。

アクセス

心斎橋駅から歩いてスグです。

ホテル目の前の御堂筋を挟んだ反対側には、心斎橋筋商店街があるので、そちらをぶらぶらして渡って来ました。

地下鉄出口からでも、商店街からでも近いんですが、雨降りの日は傘を使わないといけない点だけ残念かも、、という贅沢な事を言ってみたり^^;

住所:大阪府大阪市中央区南船場4丁目1番3号
・地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」3番出口 徒歩3分
開業:2021年3月16日

Oh.lala…はオララと呼ぶの

お店の場所はホテルの3階にあります。

奥まっていて、そのまま中が見えないところもワクワクする造りになっていました。

入口

余談ですが、「Oh.lala…」の読み方について。

オーララ」だと思ってたんですが、ホテルの方は「オララ」と言われてました。

お聞きしてみると、従業員の皆さんは「オララ」と呼んでるそうです。

オララ」の方が言いやすくて良いような気がするぅ~♪
(@>▽<@)キャハッ!

店内の様子

W大阪」さんに入ったら、カメラが手放せなくなっちゃいますが、「Oh.lala…」さんも同じでした。

店内

高い天井と、丸いものだらけの空間!!
(p゚∀゚q)おぉ♪

店内

案内していただいた奥の窓際席から見たキッチン方面です。

店内

窓が右側です。

外には御堂筋が見えるので、年末のイルミネーションの時期は中も外もキラキラにナリそうですw

向かいにはロングソファの席を中心にテーブルが並んでいて、その左側(入口側)にも同じようにソファの席が並んでいました。

店内

店内

こちらが入口側のお席です。

さっき通って来た辺りですが、壁側もゆったりしたソファの席になっていました。

店内

照明も丸いですが、飾られている食器のオブジェも丸だらけでした!

ドットがどっと押し寄せる!なんちゃって・・
(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ

店内

真っ先に草間彌生さんが浮かんできましたが、インテリアデザインは、「フランスの伝統的なマリンスタイルファッション」から来ているようでした^^;

「輝く星を道標に航海する、船のデッキのような店内」と言われると、そんな気がしてきました。
。゚(´^o^`)゚。

店内

右後ろを振り返って、店内一番奥にはワインセラーとカウンターがありました。

おそらくこちらのカウンター席は使わないと思うんですが、もしここに座ったら、頭上が気になって落ち着けなさそうです^^;

店内

さて、こちらがメニューブックです。

ドットがどっ・・
( °∀ °c彡))Д´)

店内

一つだけある白丸がチャーミング♪
(*´∀`*)

ドット抜け?

ディナーメニュー

白いハードカバーのメニューブックを開くと、ディナーコースメニューと、ドリンクメニューが一緒になっていました。

メニュー

ディナーコースは4種類ありました。

4品 QUATRE キャトル 9,800円
5品 CINQ LUXE サンクリュクス 11,000円
7品 SEPT セットゥ 13,000円
8品 HUIT ユィット 16,000円

メニュー

先ず驚いたのは、お値段が思ったよりも安めだった事でした!

W大阪」の中にあるレストランなのに、ディナーのコースが9,800円からとは思っていませんでした。

よく確認してみると、「Oh.lala…」さんは、ブラッセリーとか、ビストロダイニングという業態のようなので、キチンとしたフレンチレストランというよりは、大衆的でカジュアルな居酒屋的なお店、というイメージのようです。

もう一つ、お値段設定の絶妙なこと!!

9,800円→11,000円→13,000円→16,000円

真ん中の2種類が一番多そうな気がしたんですが、「W大阪」の客層を考えると、16,000円が一番多いのかも、と思ってみたり。

庶民だけど、ちょっと見栄を張って、下から2番目の”CINQ LUXE”をいただきましたw

グラスワイン、ビール等のメニューはこんな感じでした。

メニュー

メニュー

テーブルに置かれているものもオサレでした。

一瞬「香水!?」と思うようなこちらは「ハンドサニタイザー」でした。

ハンドサニタイザー

お席からの眺めはこんな感じ。

カスターセット

6月中旬だったので、18時頃でもまだまだ明るかったですが、御堂筋を挟んで向こうに見える「ハリーウィンストン」が眩しすぎましたw

OH.LALA…CINQ LUXE

W大阪シャンパーニュ レゼルヴ ヴリュット

やっぱり最初は泡でしょ!という事で、シャンパーニュをいただくことにしました。

「ルイ・ロデレール」もありましたが、せっかくなので「W Osaka Champagne Reserve Brut NVW大阪シャンパーニュレゼルヴヴリュット)」をいただきました。

シャンパン

( ^^)Y☆Y(^^ ) 乾杯!

パンとバター

お次に運ばれてきたのはパンとバターでした!

パンが一番最初に出てくるって珍しい気がしてちょっとビックリ!

ネットで見て知ってはいましたが、ニコちゃんバターと初対面を果たしました♪

パンとバター

このスマイルバターですが、見た目はとっても可愛いし、マスカルポーネが練り込まれているという説明もテンションアップでした。

でも、実際食べてみると、普通の無塩バターの方が好きかな、というのが正直な感想でした。

キャラメルチックな風味なので、全部この風味に侵されちゃうような気がしました^^;

蟹ドッグ・サントモール ド トゥーレーヌ

出た-!
ヾ( 〃∇〃)ツ キャ ── ッ♪

蟹ドッグ

こーゆーの大好き!!
o( * ゚▽゚ * )o♪

一品目にこれが登場で一気にテンションブチ抜けてしまいました!

まさに「つかみはオッケー!」って感じw

タッグを組まれている高田シェフの「La Cime」さんに大昔、改装前のランチでお邪魔した時のブドウもどきを思い出しました。

お味についてですが、”蟹ドッグ”は普通に美味しくて、もう一つ欲しくナリましたw

シェーブルチーズはちょっぴり苦手なのでドキドキしながら食べてみました。

ヤギさんがほのかに感じられましたが、ギリ大丈夫なレベルでした^^;

なんでも好き嫌いなく、美味しく食べれる人が羨ましいです。

ボタン海老・グリーンアスパラ

メニューには「苺」も書かれてましたが、苺の季節が終わったので今は入っていないとのことでした。

おそらく、夏メニューに切り替わる直前のタイミングだったのではないかという気がします。

真っ赤な器のお料理が運ばれてきて、目の前でジュレみたいなソースをかけていただきました。

ボタンエビ

グリーンアスパラ

□Dヽ(^○^)イタダキマース!!

ボタンエビ

ひんやり、サッパリしてて、とっても美味しいー!
ウ,ウマ━━━Ψ(°д°;!)━━━!!

グリーンアスパラガスのアイスに、日向夏の香りも加わって、Wシャンパンの細かい泡がお口を爽やかさでいっぱいにしてくれました!

パンとワイン

新しいパンが運ばれてきたのでいただきました。

でも、何のパンだったか忘れてしまいました(・・;)

パン

シャンパンの次にワインをお願いしました。

味などについてお聞きしてたら、何と味見をさせていただけるとの事でグラスを持って来ていただけました!
スッゴ───(p゚∀゚q)───ィ♪

試飲

試飲

白ワインを2種類テイスティングさせていただいたら、最初頼もうと考えていた銘柄よりも、断然明らかに美味しく感じた方をいただくことにしました。

後でお値段を見たらだいぶ高かったですが、楽しかったのでまぁいっかw

お友達は赤ワインにしてました。

赤ワイン

まだそんなにお客さんが入られてなかったからかもですが、まさかここまでサービスしていただけるとは思ってもいなかったので感謝感激です(^^)

菜の花ジェノベーゼ・白魚

細かい事は考えず直感で決めました!

キーワードは「菜の花白魚」でしたw

我ながら自分らしいw

ジェノベーゼ白魚

味の違いは分かりませんが、小田原の白魚を使われているとの事でした。

お野菜大好きっ子的には、青臭さを感じられるソースと、ほんのり芳ばしさを感じる白魚が最高にマッチしてました
♪(人´∀`)

お友達はもう一つの「リードヴォー・甘夏」を選んでました。

リードヴォー

こっちも美味しそうだけど、やっぱ”菜の花白魚”の勝ちw

鮮魚・桜エビ・ホワイトアスパラガス

こちらもメニューに書かれていたのと内容が変わってました。

もともとは「鮮魚桜エビ」でしたが、タケノコの変わりにホワイトアスパラガスと説明いただいたので、迷わずこちらに決める事が出来ましたw

ホワイトアスパラガス

嬉しかったのはホワイトアスパラガスがめちゃくちゃ太かった事に加えて、フレッシュだった事でした!

もしかして水煮しか食べたことないかも、という位、フレッシュなホワイトアスパラガスは味が思い出せないです・・
(;A´▽`A

お魚はスズキさんでした。

皮面はもう少し焼きが入ってる方が好みですが、あっさり系食材にアメリケーヌソースがとっても美味しかったです(^^)

スズキ

お友達はお肉でした。

仔牛

メニューには「仔牛春菊モリーユ茸」と書かれていましたが、この日はモリーユ茸の代わりにヤングコーンとの事でした。

本日の鮮魚はスズキと聞いて、ありきたりぽく感じた事と、「仔牛春菊モリーユ茸」が魅力的だったので本気で迷ってましたが、代打が「ヤングコーン」と聞いて決心がつきましたw

でも、想像していたより遥かに美味しそうな「ヤングコーン」が登場!
(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!

ヤングコーン

いーもん、お魚料理ヘルシーだし、美味しかったし♪
。゚(´^o^`)゚。

苺・酒粕・木の芽

最後のデザートです。

春のコースなので苺はいいとして、「酒粕と木の芽ってどんなん??

めちゃくちゃ楽しみにしてました♪
(*’▽’*)わぁ♪

苺、酒粕、木の芽

たしかに酒粕!

下はキャラメルと酒粕のブリュレで、その上に苺が乗ってました。

木の芽は飾りだけぢゃなくて、木の芽のアイスでした!
(*゚д゚) ンマ~ッ♪

木の芽がもっと欲しい気がしましたが、酒粕で重くなる事もなく、とてもさっぱり上品なお味にまとまっていました。

こういう面白い組み合わせは、大好きな「ディファランス」さんを思い出しちゃってまた行きたくナリましたw

コーヒー又は紅茶

最後はコーヒーをいただきました。

お友達がカップをチェックしてましたが、自分は全然知りませんでした^^;

Oh.lala…」さんで使用されている食器たちはほとんどが「RYOTA AOKI POTTERY」の物のようでした。

また一つお利口さんにナリました♪

ディファランス/靭公園すぐのミシュラン1つ星フレンチにリニューアル後初訪問
場所は本町の靭公園スグです。 2021年にリニューアルされた為、早く行きたいと思ってましたが、やっと行く事が出来ました。 外観、内装、お皿等も変わっていて、シェフが新しいところを目指されている事が伝わってくるようでした。 お料理については、クランブルの使用頻度が減ったような気がしましたが、その代わり・・w

夜のW大阪

楽しいディナーが終わる頃にはすっかり暗くなってました。

店内も夜モード。

意外とシックな雰囲気になってました。

店内

店内

W大阪」さんのレストランにしては意外と地味めなのかも、なんて事を考えながら表に出ると、やっぱり「W大阪」でした!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

W大阪

光に吸い寄せられるように、そのまんま「LIVING ROOM」へ向かいましたw

つづく

今回の費用

高級ホテルなのでポイント利用ですw

ズバリ4万ポイントでした!
(≧▽≦ノノ゙☆パチパチパチパチ

宿泊当日の料金ですが、最安値でも6万を超えていたので、上手にポイントを使えたのではないかと自画自賛♪

ディナーで利用した「Oh.lala…」と、「LIVING ROOM」のドリンク代で31,023円のお支払いでした。

お部屋タイプ:コージー2ダブル
⇒ワンダフルルーム2ダブルスカイラインビュー
料金:40,000ポイント
支払額:31,023円(消費税込)

マリオット系列ホテルの予約をする時は、いつもはポイントサイトを経由してから予約します。

一番利用しているのは「モッピー」です。

理由はキャラクターが可愛い事と、マリオット系列の還元率が高いからです。

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

まとめ

とっても楽しかったです!

雰囲気も、お料理も、接客も大満足でした。

意外とリーズナブルな価格設定というのもテンションアップでしたが、もしかすると「W大阪」さんに来ると金銭感覚が麻痺する可能性もアリ^^;

アミューズ

ところで、ご無沙汰になってる「ラシーム」さんは、2021年の「アジアのベストレストラン50」で何と8位!

さらに!

2022年は6位に選ばれているという事が分かりました!
スゲエエェェ(p゚∀゚q)ェェエエ工工

ぜひ行ってみなくっちゃ!と思って調べてみたら、ランチもディナーも28,000円になっててビックリ!

思わず戻るボタンをクリックしてしまいました^^;

閑話休題w

そもそもですが、「Oh.lala…」さんの総料理長である村山さんも「ザ・リッツ・カールトン京都」さん開業時の総料理長等をされていたという凄腕の方のようです。

合うか合わないか不安だった「W大阪」さんですが、「好き♥」という事が分かったので、「Oh.lala…」さんも絶対また利用させていただくと思います!

パン

2軒目ハシゴの「LIVING ROOM(リビングルーム)」の様子や、今回のお部屋、朝食等は別記事にまとめてます。

W大阪

W大阪/朝食後はコーヒーとお風呂でだらだら。。宿泊した感想など
初めての「W大阪」さん宿泊記の最終回は「朝食編」です。 パリピぢゃないし、雰囲気が合わないかも、と心配しながらでしたが、お部屋に入る頃には既にテンションMAXで大好きになってましたw ホテル内の施設はどこも目新しくて興味津々、最初から最後まで全く飽きる隙も無く過ごせました。
W大阪/お部屋はビューバス夜景が素敵なワンダフルルーム最上階南側
ギラギラし過ぎて、自分には合わないかも・・ でも、全くの杞憂でした! 初体験の「W大阪」さんは、めちゃくちゃ楽しいホテルでした! ちょっと失敗した気もするお部屋の選択でしたがとにかく楽しいの一言でした! 今回はお部屋編ということで、チェックイン~お部屋の様子についてです!
W大阪/リビングルームのテラス席、プール、ジム、イベントスペースほか
初めての「W大阪」さん宿泊記、3回目は夜の「リビングルーム」や、ホテル内の施設あれこれ盛り込んでみました。 館内はどこもキラキラしてて映えること請け合いですが、中でも4階のプールは人気のようでした。 同じく4階にあるジムも、凄く楽しそうでワクワクする雰囲気でした!
大阪エクセルホテル東急/御堂筋と寺院に挟まれたら山門やるしかない!?
なんとビックリ!お寺の山門と一体になったホテルということでぜひ泊まってみたいと思っていました。 おうかがいしたのは9月の良いお天気の日でした(^^) 場所は御堂筋沿いということでめちゃくちゃ分かりやすい立地です。