ROKU KYOTO(ロク京都)/ルームサービス、しょうざん庭園ほか

ミル ホテル
スポンサーリンク

2023年最初の外泊が「ROKU KYOTO(ロク京都)」さんでした。

新年早々、今年最後の贅沢w

あいにくのお天気だったので、入口のサインは晴れてからにしようと思ってましたが、諦めて翌朝撮りました^^;

サイン

前回の「お部屋編」に続いて、今回は「インルームダイニング(ルームサービス)」と、ホテルのあるエリア「しょうざんリゾート京都」についてです。

宿泊したのは、2023年1月中旬です。

正式には、「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts(ロク キョウト エルエックスアール ホテルズアンドリゾーツ)」というちょっと長い名前です^^;

サプライズ

夜ご飯からホテルに戻ると、ターンダウンサービスも終わっていて、バスルームはピカピカ、タオルも補充等など、ナイトモードに変わっていました。

テーブルの上には可愛い箱とメッセージカードたちが置かれていました。
(*’▽’*)わぁ♪

ギフト

お友達のお誕生日祝いを兼ねての宿泊ということをお伝えしていたんですが、このタイミングで出てくるとは思っていなかったので、自分もビックリしちゃいました。

箱の中ににあるメッセージカードは、汎用性高そうな印象w

中にはお菓子が2つ入っていました。

メッセージカード

お菓子

「お祝いは1名なのに、どうして2箱あるのかな?」と思いましたが、もしかして中身が2枚だからかなぁ?^^;

チェックイン時も、お部屋に入ってからも何もなかったので、忘れられてるかな、と思って期待してなかっただけに、お友達以上にサプライズな出来事でした。

ありがとうございます♪

インルームダイニング

注文はテレビ画面から

夜ご飯は「はつだ」さんで美味しい焼肉をたっぷりいただいてきましたが、シャンパンを買って来たので、ちょっとだけルームサービスを利用してみることにしました。

メニューも注文も、リモコンを使ってテレビ画面で出来るようになっていました!
(p゚∀゚q)おぉ♪

画面

インルームダイニング」→「ディナー

画面

スモークサーモン」はお友達が好きなやーつw

ガーリックトースト」も美味しそうだぬ♪

画面

画面

進んで行くと写真付きのメニューも出て来ました!

ホテルのルームサービスって、お値段から量を想像するのが難しいので、写真があるのはとってもありがたい気がしました^^;

画面

2品注文する事にしました。

画面

カートに入りました」→「カートの確認

利用する人数を入力する画面では、お子様の年齢まで細かく分かれててビックリ!!

確認

人数

続いて「アレルギーの選択」画面までありました!

最後は、「提供方法」ですが、「スタッフが入室して用意する」か、「入室せず客室前で渡す」か、希望を選択出来るようになっていました!

素晴らしい~!
(≧▽≦ノノ゙☆パチパチパチパチ

アレルギー

提供方法

こちらの画面で注文完了です!

完了

大画面だし、テレビのリモコンを使うので、誰でも使いやすいし、選択も色々細かく設定出来て、とっても良いシステムだと思いました。

ルームサービスはワゴンで

注文を済ませたので、買って来たシャンパンを開けて乾杯でっす!
( ^^)Y☆Y(^^ ) 乾杯!

ポメリー

( ̄▽ ̄)=3 プハァー

お部屋なのでお行儀とか、そんなの関係ねぇ~w

ってやってたら、ルームサービスが到着!

大きなワゴンで運ばれてきました。
(*’▽’*)わぁ♪

ルームサービス

しっかりカバーがかけられていて安心安全♪

タバスコや塩コショウもしっかり付いてきてました。

カバー

ミル

下には大きな温蔵庫!

温蔵庫

中にはアツアツのパスタが入ってました!

オーストラリア産仔羊のラグー タリアテッレ」です!

タリアテッレ

粉チーズもありんす♪

粉チーズ

もう一品、「自家製パテドカンパーニュ 京都の漬物」をいただいてみました!

パテカン

一緒に届けられたカトラリーは、眩いばかりのゴールドな輝き!

ゴールド

ブラックペッパーと粉チーズをたっぷり投入して、お酒がススム君なのだw

コショウ

(〃)´艸`)オイシー♪

ちょっと気になったのは、パテカンの一つが割れていた事でした。

どうせ食べる時はカットするから別にいいんだけどw

という人ばかりでもないような気もするんだぬ。。

品質

お値段についてですが、注文確認の会計画面では6,072円と表示されていました。

これでホテルクレジットはほぼ使ったかな、と思ってたんですが、その後ダイヤモンド会員または、HPCJの割引が適用されたようでした。

チェックアウト時に見たら、4,857円になっていました!

ラッキー♪
(o^∀^)

エクスペリエンスクレジット

ヒルトン・オナーズダイヤモンド会員の特典として、「1万円分のホテルクレジット」をいただくことが出来ました。

その名も「エクスペリエンスクレジット」!
(≧▽≦ノノ゙☆パチパチパチパチ

チェックイン時にいただいた案内です。

エクスペリエンスクレジット

スパ、アクティビティ、レストラン、ミニバー、インルームダイニング等など、ホテル内のあらゆるサービスに幅広く利用出来るようになっていました。

お友達が利用した水着レンタル料金にも利用する事が出来ました。

参考までに、客室と館内の案内です。

案内

案内

チェックイン時にいただいたカードキーと案内です。

カードキーほか

「ホテルクレジットよりカクテルタイムの方が良いなぁ」、と思ってたんですが、実際利用してみたら、「ホテルクレジットの方が良い!」に変わりましたw

好きな事に色々使える利便性の高さと、金額によりますが、今回は複数のサービス利用に使ったので、より満喫した感があって満足度が高かったです。

アメニティの追加もテレビ画面から

お部屋のタオル等、アメニティ類もテレビ画面から依頼出来るようになっていました。

お値段は無料ですw

アメニティ

バスソルトが欲しかったのでこちらから発注?しました。

シャンプーやコンディショナーたちも無料で追加をいただくことが出来るようになっていました。

コンディショナーは「ターンダウンサービス」時に、パジャマの上に置いていただいていたので、十分足りてましたw

アメニティ

ROKU KYOTO(ロク京都)/お部屋編 到着からターンダウンサービスまで
正式には、「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts(ロク キョウト エルエックスアール ホテルズアンドリゾーツ)」という、舌を噛みそうなちょっと長い名前です。 ヒルトンダイヤモンド会員ということで、ホテルクレジット1万円分&お部屋のアップグレードもしていただけて、一泊だけでしたが大満足の滞在にナリました。

最後の確認画面では、「お届け時間」まで指定出来るようになっていました。

ついでに、テレビのチャンネル一覧画面です。

チャンネル

いっぱいあるけど、相変わらずテレビはほとんど見ず。。

でも、今回はいつもの「FireTV」を忘れて来ちゃったのが残念でした^^;

しょうざんリゾート散歩

「ロク京都」さんは「しょうざんリゾート京都」のエリア内にあります。

しょうざんリゾート京都」と言われても全然知らなかったので、とりあえず探検してみることにしました。

ホテルの裏側からも外へ出る事が出来るようになっていたので、そちらの出口に向かいます。

廊下の壁には手の込んでそうな彫刻が飾られていました。

廊下

アート

外に出ると、ちゃんと散歩道として整備されていました。

散歩

悪く言えば人工的なのかもですが、京都街なかの喧騒とは無縁の、落ち着いた空気感が、なんとも言えない贅沢な気分にしてくれる散歩道でした。

さんぽ

しょうざんリゾート京都」の全体図もありました。

広さは3万坪くらいあるそうなんですが、全然ピンと来ニャいです^^;

しょうざんリゾート

東急不動産さんが中心のようなんですが、「ロク京都」さんも、東急不動産さんと東急リゾーツ&ステイさんとヒルトンがタッグを組んで実現したようです。

東急

パンフ

そんな「しょうざんリゾート京都」の中にある「しょうざん庭園」にやって来ました!

通常は有料ですが、「ROKU KYOTO」さんの宿泊者はカードキーを見せると無料で入る事が出来ました!

モン

中へ入ると、素人でも分かるほどの素晴らしすぎるお庭でしたが、さすがにnariPhone(nariのiPhone13Pro)では太刀打ち出来ないと痛感しました^^;

次回はカメラにお金かけてるお友達を誘って来なくては!と画策中ですw

とはいえ、記念の意味も込めていくつか写真を残しておこうと思います。

庭

杉も苔も岩も、池も鯉も全てが風流でした。

庭園

鯉

苔生す”とはこういう事を言うんだと目の当たりにする光景が広がっていました。

庭園

北山台杉や、紀州石はもちろん、園内の木々や建物等も間違いなく価値の有るものだと思うんですが、勉強不足を感じながらの見学でした^^;

庭園

お友達が言うには、これくらいのアングルが一番良い場所らしいです。

まぢで!?(^.^;

庭園

しょうざん庭園」を出て、ホテルまで帰る道も有料級でした!

こういうの大好き!
(o゚▽゚)o

苔

こーゆーのも好き!

橋

ROKU KYOTOってちょっと高いよね」って思ってましたが、こういった周辺の贅沢も併せてのお値段だと考えたら、むしろ安いんぢゃないか、と感じるくらい素晴らしいお散歩にナリました。

小川

自然の美しさだけかと思いきや、こういう遊び心も大好き、というか、クマちゃん大好き♪
(* ̄(エ) ̄*)♥

くま

出かけたのと反対側からホテルに戻ってきました。

サーマルプール」から湯気がもくもく立ち上るのを見ると、プールに行ってみようかな、と思いましたが、結局行かずじまいでした^^;

プール

お友達は1時間くらい満喫してて、居心地は良かったようです。

次回はぜひ「サーマルプール」も行ってみようと思います。

ホテルに到着したら、歩き疲れたので「ティーハウス」で一休みすることにしました。

ティーハウス

こちらは宿泊者が無料で利用出来るカフェみたいな場所です。

スタッフの方は常駐されてなくて、セルフサービスです。

でも、その分貸し切り感とかもあって、とっても贅沢な気分になれる素敵空間でした。

次回最終回は、「ティーハウス」の様子と、翌日の朝食についてです。

今回の費用

ヒルトンポイント利用

高級ホテルなのでポイント利用宿泊です♪

コツコツ貯めたヒルトンポイント、110,000ポイントを利用しました。

ロク京都さんは、平日、休日に関わらず、基本的には11万ポイントのようでした。

ダイヤモンド会員特典

お部屋は通常の「デラックス ツイン」でしたが、「プレミアデラックス ツイン」にアップグレードをしていただくことが出来ました。

もう一つ、ヒルトン・オナーズダイヤモンド会員の特典として、ホテルクレジットを1万円分いただくことが出来ました。

自称上手に使えた内訳はこんな感じ。

SPA(水着レンタル1名分) 1,650円
ルームサービス 4,857円
入湯税 300円
TENJIN(ビール、ステーキ) 3,846円

結局、足が出た分653円だけチェックアウト時にお支払いしました。

朝食時にいただいたビール2杯が意外と高かったと思ってたら、ステーキの追加料金(1,265円)もありました^^;

どっちにしても、クレジットが余ると後悔しちゃいそうなのでノープロブレムです♪

お部屋タイプ:デラックスルームツイン
⇒プレミアデラックスルームツイン
料金:110,000ヒルトンポイント+653円
支払額:653円(税込)

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

ナリ的注意ポイント!

※ナリの、ナリによる、ナリのための注意点♪

宿泊時は絶対に「しょうざん庭園」等、「しょうざんリゾート京都」内を散策する!

アクセス

すいません、お友達の車に乗ってたら着いちゃいました^^;

いつもは公共交通機関で、ごく稀にタクシー利用ですが、ここは潔くタクシーまたは車で行くのが良さそうです。

アクセスは例えば、”地下鉄烏丸線「京都駅」から「北大路駅」まで約13分、京都市営バス「北大路駅」より「金閣寺道」まで約11分、「金閣寺道」より徒歩で約15分

乗り継ぎ&最寄りのバス停から徒歩15分、というのが一番徒歩時間が短くなるルートのようです^^;

ちなみに、京都駅からタクシー利用だと所要時間は30分程度かかるようです。

料金はどれくらいになるんでしょう・・

住所:京都府京都市北区衣笠鏡石町44-1

ロク京都さんの宿泊記録

◆お部屋編 チェックイン~お部屋まで

ROKU KYOTO(ロク京都)/お部屋編 到着からターンダウンサービスまで
正式には、「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts(ロク キョウト エルエックスアール ホテルズアンドリゾーツ)」という、舌を噛みそうなちょっと長い名前です。 ヒルトンダイヤモンド会員ということで、ホテルクレジット1万円分&お部屋のアップグレードもしていただけて、一泊だけでしたが大満足の滞在にナリました。

◆朝食編 翌日の朝食とティーハウス

翌朝の朝食はレストラン「TENJIN」でいただきました。

ますます紅葉の季節に来たくなる危険なオールデイダイニング♪

ROKU KYOTO(ロク京都)/朝食の後はのんびりティーハウス
「お部屋編」、「ルームサービス・しょうざんリゾート編」に続いて「朝食編」です。 ハーフビュッフェの朝食と併せて、宿泊者が無料で利用出来る「ティーハウス」の様子についてもまとめてみました。 ダイヤモンド会員特典でいただいたホテルクレジットがあるのをいいことに、朝からビールを飲んだりステーキを食べてみたりw

朝食

klore(クロア)/京都の人気店、朝一のメリットとデメリット!?
お久しぶりのパン屋さんネタです♪&2023年の記事は初かも!? お伺いしたのは、2023年1月中旬です! 知らなかったら素通りしてしまいそうだし、大人気のパン屋さんとは気づかないかも。 いや、パンの香りで気付くと思います^^; ちょっと注意点としては、営業日です。
鷹庵/アマン京都の日本料理屋さんへランチに行ったら宿泊したくて困ってますw
せっかく「しょうざんリゾート京都」まで来たので、「アマン京都」さんも覗いてみたい! ということで、ランチをいただきにやって来たのは日本料理の「鷹庵」さんです! 最初から最後まで隙の無いお料理とおもてなしでした。 しかも最後は、お庭の入口辺りだけですが案内をしていただけちゃいました。