HIYORIチャプター京都/新規開業!旅をデザインするホテル お部屋編

TOPホテル

正式名称は「HIYORIチャプター京都トリビュートポートフォリオホテル」です。。

ながいっ!!
(0😉

名前が長いのはともかく、”新しいは正義”と思い込んでるので、先月開業されたばかり(2021年6月18日)のこちらも気になってしょうがなく、7月上旬に1泊してきました。

昨年マリオットのプラチナ会員にしていただけてから久しぶりにアップグレード無しのお部屋でしたが、今回のお部屋が最低ランクだと考えると一つの目安になるような気もします。

こちらは1階にパティスリー「松成」さんが有り、朝食もいただけるようになっていました。
また、実際行ってから知ったんですが、夕方にはマリオット上級会員向けに「チャプターモーメント」という、いわゆるカクテルタイム的なイベントもありました。

今回は「チャプターモーメント」と朝食、「松成」さんのフードについてと、お部屋についての2部構成です。

まずはお部屋編ということで、「モデレートダブル」のお部屋についてです。

アクセス

大阪からJR新快速で京都駅まで行きました。
京都駅からは地下鉄に乗りました。
「烏丸御池駅」で東西線に乗り換えて1駅「京都市役所前駅」下車です。

3番出口をエレベーターで地上に出ると、ちょうどオークラホテルです。

オークラ

この前の道(河原町通り)を北上するのみです。
(写真で言うと左方向に進みます)

道沿いに3,4分程度歩いて行くと右手にホテルが見えます。

ホテル

簡単だ~♪
(*´`*)

でも雨が降ってる時は駅から微妙に離れてて、途中屋根のあるところも無かったので、タクシーとか使ったほうがいいかもです^^;

道路の反対側から見たホテル外観全景です。
なんだか最近のホテルの外観って全部同じように見えるんですが、窓が大きくなってるからそんな気がするんでしょうか?と思ってみたり。。
ビルが全部同じに見えるって言ってるのと同じかなぁ(^_^;)

全景

開業:2021年6月18日
住所:京都市中京区河原町通二条上る清水町341番地
・京都市営地下鉄 東西線「京都市役所前」3番出口 徒歩4分

チェックイン

エントランスのアプローチはこんな感じになっていました。
夕方からは左隅にカウンター?が現れてスタッフの方が立っていらっしゃいましたが、近所のおばさんにつかまって話し相手をさせられていましたw

エントランス

中へ入るまでの床は石畳になっているので、スーツケースを引いてるとガタゴトと音が気になるかもです。

入るとすぐにアルコールスプレーと検温器があるのでセルフサービス?でこなして奥のフロントへ進みました。

フロントのカウンターは3つありました。
特にマリオットボンヴォイ会員用で使い分けていないような気がしましたが、チェックイン時は他に誰もいなかったので実際どうなのかは不明です^^;

フロント

チェックインを済ませてお部屋に向かいました。
残念ながらお部屋のアップグレードは無く、予約したまんまのお部屋でした。
アップグレード無しは満室だった昨年の「琵琶湖マリオットホテル」以来かもです^^;

それでも最上階の6階だったので、最上階にしていただけたというのがアップグレードだったのかもしれニャいです。

エレベーター

6階のエレベーターホールです。
当たり前ですが新品ピカピカな香り。。というか、そういえばホテル内に入ると良い香りがすると思ってたら檜の香りでした。
もちろんアロマですが、香りからもとっても高級感のある落ち着いた雰囲気が演出されていました。

6階

床の絨毯の色が紫なのもなんだか京都ぽい気がするです。
廊下の雰囲気はこんな感じでした。

廊下

今回のお部屋ですが「602」号室でした。
エレベーターを出るとほぼ目の前というのもイマイチ好きぢゃないんですが、一番お安いプランで予約しているので仕方ニャいです^^;

平面図

こうやって平面図で見てみると、お部屋の広さもおそらく一番狭いのではないかと思いますが、5階以下の構成は確認していないので、もっと狭いお部屋もあるかもです。

もう1点、最低ランクのお部屋といっても、今回はユニットバスのあるお部屋でした。
シャワーブースだけのお部屋もあるようなので、もしかするとそちらの方がお安くて、ユニットバス付きのお部屋にアップグレードしていただけたのかもしれません。

念の為後でフロントの方に、予約した通りのお部屋なのかどうか、アップグレードは無しだったのか、とお聞きしたらYesという回答だったので、少なくともアップグレードをしたことにはなっていないようでした。

お部屋

良い香りと雰囲気を感じながらワクワクのお部屋オープンです!

部屋

入口とお部屋と明確に区切られていて、スリッパもこの位置に置かれていました。
靴を脱いでお上がりになってくださいねん、という仕様のようです。

スリッパに履き替えて中へ進みます!
(*’‘*)わぁ

部屋

めっちゃ和風!
いや、でも多分、京風って言う方がいいのかな?
でも京風とか京都風ってなんとなくニセモノぽく感じるのは私だけでしょうか(^_^;)

気になる景色ですが、残念ながら見えませんでした^(☆。x)

窓

どっちみちお天気も雨ぽいし、覗かれる心配も無いし、景色は諦めてスクリーンカーテンを下ろしたまんまで過ごしました。

お部屋の設備詳細です。

まずは窓の横にミニバーコーナーがありました。
窓際はソファです。

ミニバー

上の扉を開けるとワイングラスやカップ、お茶のティーバッグ等がありました。

その下には電気ケトルがあったんですが、バルミューダのケトルでした!

棚

バルミューダ

中のお茶たちですが、よく見たら奥にドリップコーヒーも2パックありました。
しかも”デカフェ”でした!
ホテルのロゴも入ってて、オリジナルのようでした。
これなら夜寝る前に飲んでも大丈夫!多分。

デカフェ

デカフェ

その下には冷蔵庫とセーフティボックスがありました。

冷蔵庫

冷蔵庫の中には無料のミネラルウォーターが2本入っていました。

水

マスクケース他

ソファの前にある丸テーブルの上にはマスクケースとアルコール除菌シートが置かれていました。

丸テーブル

ちなみにセーフティボックスの大きさはMacBook Airがちょうどゆったり入るくらいの余裕がありました。
これならストレス無く使えます(^^)

セーフティボックス

ミニバー前からテレビ方面を見るとこんな感じです。
広くはありませんが、ぼっち宿泊なので十分といえば十分です^^;

テレビ方面

奥の壁側の模様や、下にある照明も、いかにも和風(京風?)な感じで雰囲気がありました。

壁

入口ドアを開けると正面にここが目に入るので、否が応でも和風な印象になってしまいます。

照明

充電用のマルチケーブルも用意されていました。
いつも持参しているので使いませんでしたが、これは喜ばれそうな気がしました。

床面ですが、入口からしばらくは木の床になっていて、ベッドの下と奥のソファのある辺りは畳になっていました。

床
お部屋に入った瞬間、畳の香りもしましたが、ずっといると慣れてよく分からなくなっちゃいました^^;

床

床

そんな畳の上に置かれているベッドですが、今回はクイーンベッド1台でした。

ベッド

ベッドサイドには照明のスイッチとコンセント、USB端子とエアコンの操作パネルもありました。
照明やコンセントは新しいホテルではデフォルトのような気がしますが、エアコンのコントロールもベッドにいたまま出来るのは便利だと感じました。

ベドサイド

ベッドサイド

寝てる時にちょっと寒いな、とか、暑いな、といった時に起き上がらなくても温度設定を変える事が出来ちゃうし♪
なんだか目からウロコ的な驚きがありました^^;

ベッドに向かって左側は壁のみですが、右側には小さいサイドテーブルがありました。
大きさはこれっくらい。

サイドテーブル

テレビ画面サイズは55インチでかなりの大画面&大迫力でした。
テレビの迫力という観点から言うと、広いお部屋より狭いお部屋の方がインパクトは大きくてラッキーだったかもw

いつもの相棒、FireTVですが、テレビ下のちょっとした棚のようなスペースのところにコンセントとHDMI端子があったので超簡単に取り付ける事が出来ました!
(▽≦ノノ゙☆パチパチパチパチ

HDMI

空気清浄加湿器

空気清浄加湿器はシャープのプラズマクラスターイオンでした。
ブラックのセレクトが雰囲気に合ってて良いと思いました。

入口ドアのすぐ横がクローゼットスペースになっていました。
お部屋の電源はスイッチのみでカードキーは不要なタイプです。

クローゼット

下に色々置かれていましたが、クローゼットには照明が無かったのでちょっと見づらかったです。

こちらのホテルには大浴場があるので、それ用にサンダルと手提げ袋も用意されていました。
ナイトウェアは上下セパレートになってるワッフル生地のパジャマでした!
これは嬉しい〜♪

雪駄

パジャマ

ハンガーにはホテルのロゴが入っていて高級感のあるしっかりした造りでした。
ラックは段違いになっていたんですが、これは”違い棚”を意識したデザインなのか、単にロングコート等を掛ける事を想定している実用的なところから来てるのか、どうなんでしょう^^;

ハンガー

少し気になったのは、ハンガーを掛ける棒の奥行きというか、横幅が意外とあったので、掛けたつもりがちゃんと掛かってなかったり、ということがありました。

全体

バスルーム

シャワーブースのみのお部屋もあるようですが今回はユニットバスのお部屋でした。

どーん!

ユニットバス

もろに普通のユニットバスでした!

でも、置かれているアメニティや香りで高級な気がするのはさすがといった感じです。

洗面台

もちろんタオルもぶ厚めのふかふか仕様でした。

タオル

気になるアメニティはこんな箱に入っていました。
嬉しいボディタオルも有ったんですが、このボディタオルは初めてお目にかかりました。
使った感触も良かったので、使わなかった一つは持って帰っちゃいました。

アメニティ

アメニティ

他にはなかなか無いと思ったのがこちらです!
クレンジング、化粧水、乳液が揃っていました!
しかも良い香り!
(*´`*)

化粧水

シャンプーたちも同じく”ミレニアムオーガニックス”で統一されていました。

シャンプー

フェイス&ハンドウォッシュもとっても良い香りだったので欲しくなってしまいました^^;

ハンドソープ

この商品を作られている「シントワールド株式会社」さんは、全国のホテルや旅館、病院などにこういった商品を納入されてるようなんですが、大好きな「ザ・ロイヤルパークキャンバス」や「ザ・ロイヤルパークホテルアイコニック」もこちらのアメニティだったと思います。

それにしてもこの香り、かなり気に入ってしまいました♪

良かった点・気になった点

建物、内装、香りや照明、調度品等、あっちもこっちも落ち着いた雰囲気で高級感があって、かつ、京都らしさが感じられて、とても上手くまとめられている印象でした。

洗面台にあるコースターに至るまで!

コースター

一歩間違えるとビジホと同じユニットバスでも、トータルで上手くまとめられているからこそのお値段設定のような気がしました。

テレビは壁掛け完全固定で向きの調整が出来なかったんですが、お部屋が狭かったので問題ないといえば問題なしでした^^;

ミニバーのところにコンセントとUSBが有ったんですが、ちょうどソファの横だったので、コードの長さや、置く場所的に、とっても使いやすかったです。

コンセント

テレビの下にある奥行き12センチ程のこちらのスペースが便利でした!
しかも、この部分だけは手前にストッパーになる壁があったので、物を置いても下に落ちないし、結構重宝しました。

テレビ下

大浴場の時間が意外と短めだったので要注意かもです。
17:00-24:006:00-9:00です。

チャプターモーメント”で意外と長居してしまって飲みすぎたので夜は行けず。。
翌朝行こうと思ってたんですが珍しく寝坊してしまって朝食を優先したら残り時間わずかになってしまったので行けず‥
温泉ではなさそうだし、まぁいっか、と諦めてしまいました^^;

でも一番気になったのはアップグレードが無かった事でした。
後編の”チャプターモーメント”では私の他に1人しか来なかった気がするし、朝食時も数組だけだったので、昨今のプラチナ会員多すぎ問題とは無縁ぽく、、
少なくとも満室とか稼働率が高い状況では無かったと思います。
アップグレードについては渋い方針なのか、実際のところは分かりませんが、それを確認する為だけにまた行こうとも思わないので、上級会員資格のあるうちは二度目の宿泊は無いかもです。
といっても、こちらのホテルが良くなかったという訳ではなくて、どうせ行くならアップグレードをしていただけるホテルを優先したい、という話です^^;

「松成」さんについては欲しかった商品が品切れ中だったのでまた行くかもです♪

松成

勝手にデータベース

気になったところを気ままに勝手に記録するだけのコーナー

丸テーブルサイズ(デスクは無し) 直径70×高さ65センチ
仕事しやすさ △ ソファのクッションを使って腰サポートはOK&テーブルは直径70センチあるので意外とやりやすい
コンセント数(ベッドルームエリア) 5ヶ所7口
USB端子 3ヶ所3口
テレビHDMI端子接続 ◎ テレビ下にコンセントと一緒に端子有
空気清浄加湿器 有 シャープ製

バスタオルふんわり度 ◯
フェイスタオルふんわり度 ◯
ボディタオル ◎ とってもソフト
スリッパ 有 使い捨てタイプ
ナイトウェア 有 上下セパレート ワッフル生地パジャマ
バスタブ満タン × オーバーフロー有

コンビニ 徒歩1,2分圏内にヤマザキデイリーストアとファミリーマート有
飲食店 木屋町もスグ、徒歩2分程度

久しぶりに三条辺りに来たので、と思って大好きなバー「K6」さんへ行こうかなと思って下見に行ったらずっと休業中でした・・・

K6

1階にある同じ系列のワインバー「カーヴドケイ」さんも久しぶりに行きたかったんですがお天気もよろしくなかったので今回はホテルで夜ご飯にしました。

その他

チェックイン時にいただいた案内とカードキーたちです。

カードキー等

カードキーは他に黄色等も見えたので、お部屋のランクか階数等によって違う色になっているのかもしれません。
でも実際どうなのかは未確認です^^;

案内

お部屋のWi-Fi速度は上下共62Mbps位でノーストレス&めっちゃ快適でした!

Wi-Fi

やっぱり新しいホテルはここは押さえておかないと、という気がします。

今回の費用

マリオットの公式サイトから予約しました。
もちろん今回もポイントサイト経由です。
時期によって変動は有りますが、今回は「モッピー」経由で4のモッピーポイント還元になります。
1万円を超えるので4%は大きいです♪

ちなみに、ポイントサイトで一番よく利用しているのは「モッピー」です。
理由はキャラクターが可愛い事とマリオット系列の還元率が高い事です。

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

例によって例のごとく一番お安いプランでの予約です。
消費税、サービス料込で14,520円でした。

夕方のエリート会員向けサービス「チャプターモーメント」時に1階のパティスリー「松也」さんでいただいたお料理代金をお部屋付けにしたので、チェックアウト時はそれも一緒にお支払いしました。

ちょうど「SPGアメックスカード」のキャンペーンで5万円利用すると5,000ポイントもらえるし、一石二鳥ですw

モデレートダブル 1クイーン
料金:14,520円(消費税込)
支払額は松也のフード料金3,422円もお部屋付にしてチェックアウト時に精算しました。

まとめ

綺麗で京都らしくて、館内の香りの演出もとっても良かったです。
さすがデザイナーズホテルってこういうのなんだ、と思いました。

マリオットエリート会員向けの”チャプターモーメント”については全く知らなかったので、当日想定外の嬉しいニュースでした(^^)

チャプターモーメント”と併せて詳細は後編で、ということになりますが、「松成」さんでフードを注文してみたら予想の斜め上を行くモノが出てきてめちゃくちゃテンション上がってしまいました!

ロビーにもならではの仕掛けが有ったので、そちらの後編で朝食等と一緒にアップ予定です(^^)

ロビー

後編です!
σ(^○^)

HIYORIチャプター京都/チャプターモーメント、松也、朝食編
正式名称は「HIYORIチャプター京都トリビュートポートフォリオホテル」です。 お部屋編に続いて今回は1階のロビー、一筆箋コーナー、パティスリーMstsunariさん、マリオット上級会員向けのカクテルタイムイベント”チャプターモーメント”と朝食についてです。