立ち食い寿司極名駅4丁目店/極上ウニより吃驚したのはイワシだったかも

TOP 食べ歩き
スポンサーリンク

久しぶりに名古屋へ連泊で行くと決めてから、美味しいもの屋さんを調べてたら、お寿司が熱そうということに気が付きました。

お寿司屋さんは、回転寿司も含めて、あんまり行かない方だと思ってるんですが、調べてたら俄然行きたくなっちゃいました。

名古屋に着いたら、その足でまっしぐらに向かいましたw

結果:スゴく良かったです!
y(^ー^)y

カウンター

いただいた中でも特に「いわし」は感動的な美味しさでした!

青魚は苦手なので、自ら注文することは無いんですが、「いわし」があまりにも美味しかったので、生まれて初めて、自ら「さんま」を注文しちゃったほどでした。

久しぶりに美味しい握りをいただけて大満足のランチでした。

基本情報

店名:立ち食い寿司 極 名駅4丁目店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-22-1
営業時間:11:30~14:30/17:30~23:00
日曜通し営業11:30~21:00
定休日:水曜
電話:052-526-3385
キャッシュレス対応:クレジットカード、電子マネー、QRコード決済可
禁煙対応:全席禁煙

お店はピッカピカ!

名古屋駅から歩いて行きました。

おしゃべりしながらのんびり行っても10分かかんないくらいで、意外と近かったです。

思ってた以上にピッカピカな門構え!
!(#゚Д゚)ゞ

外観

というか、角地にあって、2方向から丸見えの明るい店内でしたw

立ち食い寿司」ですが、椅子があったのも驚きました、てか、ラッキー♪

外観

椅子有り

今回の「立ち食い寿司極名駅4丁目店」さんは、23年4月22日オープンなのでピカピカなのも納得です。

同じ通りにある「駅前横丁」の中に、1号店というか、本店の「立ち食い寿司極」さんもありました。

本店

中へ入ってみましたが、こちは仕込み中のようで中は見えませんでした。

本店

本店

でも、思っていたよりずっと狭そう、という事が分かったので、「立ち食い寿司極名駅4丁目店」さんにして正解だったかもです。

メニュー

開店ちょっと前に到着して3,4番目くらいだったので、1回転目に入店することが出来ました。

しかも、カウンターの端っこの席に案内していただけてラッキー♪
(*^∨^*)

早速メニューをチェックです!

本日のネタ」には、「おつまみ」と「握り」のカテゴリーに分かれていました。

注文方法についても、こちらに説明が載っていました。

お品書き

「握り盛り」や「ランチコース」もありましたが、「アラカルト」で注文する気満々でした。

アラカルト」のみ、こちらの注文表に記入するシステムでした。

注文表

こちらはドリンクメニューです。

おしながき

メニュー

生ビール(一番搾り)は770円という価格設定でした。

お寿司のコスパが良い”ということで来てみたんですが、ドリンクについては若干高めのようでした。

もちろん最初はビールからいっときましたw

おうかがいしたのは、2023年11月中旬です。

ランチコース 1980円

ランチコース」は2種類ありました。

1,650円と1,980円です。

内容はいずれも、「おまかせ6貫+ミニ丼+赤だし」となっていて、1,980円の方にだけ「巻き物」が付いていました。

最初から「アラカルト」でいくより、「ランチコース」の後にした方がお得だよ!と言われたので、そうすることにしました。

ということで、1,980円のコースをいただいてみました。

最初に出てきたのは「鯛の昆布締め」でした!

いきなり鯛からスタートとは!

しかも美しい!

鯛の昆布締め

ドキドキの一貫目・・・
( ̄~ ̄ )モグモグ。。

(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…
ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

ふわっと香る昆布の風味に続いて、程よい弾力の鯛の身がしっかりお口の中で主張します!

続いて、さっき目の前でおろしたばかりの山葵がキュッ!と現れて、鯛のねっとりした旨味と絡みます!

ふんわりと握られたシャリは自然にほどけて鯛の旨味と俄然一体となってお口に広がりました!

いいぢゃん!いいぢゃん!!
(*゚ ∇ ゚ )

まだ一貫目ですが、「来てよかったー!」と思えました。

余談ですが、白身をじっくり噛み締めて味わう、というのは、先日おうかがいした「料亭山田屋臼杵本店」さんで学びましたw

料亭山田屋臼杵本店/リピートしたくなるお昼限定ミニコースの魔力
お目当ては「ふぐ料理」で有名な創業1905年の超老舗、「料亭山田屋臼杵本店」さんです。 東京の西麻布店は、ミシュランガイド三つ星を、9年連続で獲得されていたりと、期待しかないお店でした。 さらに、globeのkeikoさんのご実家でもあるので、知ってる方は非常に多いお店ではないかと思います。

ところでドリンクですが、最初はビールにしました。

お友達はいきなり日本酒からでした。

ビール

日本酒

あまりに舞い上がっちゃってて、二貫目の「ぶり」は撮り忘れてしまいました^^;

続いて三貫目は「カツオ」でした。

上にチョコっとニンニクが乗せられていました。

かつおにんにく

にんにくの有無に関わらず、臭みの全く無いカツオは、お口の中でとろけるように無くなっていきました♪

ミニ丼も早いうちに出てきました。

本鰹の丼」とのことでした。

出てくるまでは、「ミニとはいえ丼だし、食べれるかなぁ?」と心配してましたが、まさに正真正銘ミニだったので、安心出来ましたw

本鰹の丼

続いては「とろの炙り」でした。

言わずもがなの、トロける美味しさ・・・
(〃)´艸`)オイシー♪

とろの炙り

ところで、座っている目の前の景色はこんな感じでした。

大将が次々と手際よく握っていかれてるところを見るだけでワクワクでした♪
o( * ゚▽゚ * )oニパッ♪

カウンター

ランチコースに戻って、五貫目は「かます」が出てきました!

かます

ちょうど秋の旬で脂が乗ってるところを、軽く炙ってあるので、皮面の香ばしさと柔らかい白身のコントラストも美味しい一品でした。

先ずは炙った皮目の芳ばしさに続いて浮き出た脂の旨味、さらに、身から溶け出てくる脂の旨味と三段階に美味しさが広がって行きました。

ふんわり握られたしゃりと一体になるのを感じながら、じっくりと旨味を噛みしめることが出来ました(^^)

それにしても、握りの塩梅が素晴らしくて、「美味しんぼ」の「富さん」を思い出しちゃいましたw

早くもラストの六貫目は、大将から手渡しでいただきました。

海苔に包まれた「いわし」でした!

いわし

いわし

実は青魚が苦手なので、最初に言おうか迷ったんですが、もし食べれなかったらお友達がいるから大丈夫、と思ってお伝えせずでした。

ここまでの全部美味しかったので、思い切って食べてみたら、びっくり仰天!

あまーい!
ウマ━(●゚∀゚●)━ス!!!!

なにこれ!めちゃくちゃ甘くて美味しい~!!

苦手な臭みは一切無くて、驚愕の美味しさでした!

凄い!凄すぎる!まさにみ!

1,980円のコースなので、もう一品の巻き物も出てきました。

巻き物は「とろたく」でした。

とろたくまき

これも極上の美味しさでした!

どのタイミングだったか覚えてないんですが、ビールの次は日本酒をいただきました。

日本酒

銘柄は「而今」をいただきました。

過去にもとらわれず、未来にもとらわれず、今食べたいものを食べるべく、お次は「アラカルト」を注文してみました!

アラカルト

最初にいただいたのは「白えび」です。

白えび

軍艦ぢゃなくて、白えびがまんま乗っかった握りでした!

白エビ

白えびはとても柔らかくて美味しかったんですが、ここへ来て初めてシャリが結構硬めだったということに気が付きました。

さっきまで全然思わなかったんですが、おそらく「白えび」がとってもふんわり、とろとろに柔らかかったので、シャリの加減に気が付いたんだと思います^^;

ちなみに昆布締めが施されているようでした。

先ほどの「いわし」が美味しすぎたので、もしかして青魚の美味しさを発見出来るかも!?と思って、「さんま」もいただいてみました。

さんま

上に乗ってるのはなんだろう?と思って、お聞きしてみたら「肝のソース」との事でした。

お隣のお客さんが「へぇ~!」と代わりに?声を出してくれてましたw

肝心のお味ですが、やっぱり「さんま」は「さんま」でした・・
。゚(´^o^`)゚。

でも、「いわし」は本当に奇跡的な美味しさだったので、これから「いわし」を食べ比べてみたくなって、新しい楽しみが増えました♪

こちらはお友達が注文してた「こはだ」ちゃん。

いわし」がいけたら「こはだ」も試してみようかなと思ってましたが、遠慮することにしました^^;

こはだ

ということで、無難に「ほたて」をいただいて、「中トロ」という流れです♪

大トロ」にしてみようかとも思ったんですが、この後お目当ての「うに」を美味しくいただきたかったので、「中トロ」にしておいたんですが、どうやら正解だったと思います。

ほたて

中トロ

そして大好きな「いくら」も忘れずに♪

「崩れるのですぐ食べてください」と言われたので、急いで1枚だけ写真を撮ったら見事にブレてました;^ω^)

凄くハリがあるのかな?と予想してましたが、ハリはそこまでではありませんでした。

もちろん、お味はバッチリ!

いくら

正真正銘のラストは、来る前から絶対いただいてみようと決めていた「うに」です!

お品書きには「ハマナカ(バフンウニ)」と書かれていて、お値段は2,200円でした!
(°Д°;

でも、これをいただくために「うに」について下調べもしてきたので、清水の舞台から飛び降りるつもりで注文しました!

キタ──ヽ(≧▽≦)ノ─────!!!!

うに

なんと美しいビジュアル!素晴らしく濃厚なオレンジ色!
(*´艸`*)

お味も濃厚でコクのある甘みがお口いっぱいに広がりました!

さすがは超高級店でも使われている浜中産だけの事はあると思いました。

間違いなく今までで一番美味しい「うに」でした。

次回から他の「うに」を美味しくいただけるか不安になるくらい・・(^_^;)

ところで、お会計の時に気がついたんですが、1万円以下は現金のみのようでした。

最後に「うに」をいただいたおかげで、1万円を超えていたので、クレジットカードでお支払いすることが出来ました(^^)

カード払い

幸先の良い名古屋旅行だワン♪

鮨水暉/リッツカールトン京都さんの日本料理店でお寿司ランチコース
憧れの「ザ・リッツ・カールトン京都」さんに初潜入! といっても宿泊ではなく、お寿司をいただいてきました。 入口は一つで「日本料理水暉」ということになっていますが、中はエリアごとに分かれていて、「会席水暉」、「天麩羅水暉」、「鉄板水暉」と、今回利用させていただいた「鮨水暉」と全部入りのようでした。

まとめ

まさかまさか、自分から青魚を注文するとは思ってもいませんでした!

他の青魚も食べてみたくなる魔法」にかけられちゃったとしか思えない「いわし」の美味しさでした。

いわし」の食べ比べをしてみる、という新しい楽しみが増えたかも?と思っていましたが、この後立て続けにお寿司屋さんへ行ってみてたりしますw

ちょっとしたマイブームかも^^;

狙っていた「うに」もいただけたし、「白えび」も美味しかったし、本当に来て良かったと思えた初体験にナリました。

名古屋から戻って来て、あらためて「立ち食い寿司極」さんについて調べてたら、もしかして本店さんの方が若干お安いような気もしてきたので、次回は本店さんに行ってみようかと企んでたりしますw

山本屋本店広小路伏見店/最高のポテサラと名古屋コーチンネギマで大満足
ヒルトン名古屋さんのお隣にある「山本屋本店」さんです! 以前、名古屋駅の店舗へ行った後、こちらにも店舗がある事を知ってショックを受けて以来、ずっと来てみたいと思っていた「山本屋本店広小路伏見店」さんです。 ヒルトン名古屋さんのラウンジカクテルタイムを脱出して、夜ご飯をいただいてきました。
TIAD、オートグラフコレクション/ラウンジ、朝食、バー、ジムについて
正確には「TIAD,Autograph Collection」です。 カテゴリーの説明にある通り、「際立った独自性や個性を基準に厳選された高級ホテル」でした。 スタッフの皆さんの所作や接客も心地良くて、ぜひまた行きたいホテルにナリました。 前編のお部屋編に続いて今回は、「ウェルネスラウンジ、ジム、バー、朝食」についてです。
名古屋プリンスホテルスカイタワー/天空の朝食はお腹も心も幸せの朝ごはん
「名古屋プリンスホテルスカイタワー」お部屋編に続いて朝食編です。 お部屋はとにかく景色が最高でした! ”全室トレインビュー”はダテぢゃないだけでなく、夜景も期待を上回る絶景体験でした! そんな素敵なお部屋で目覚めた翌朝からチェックアウトまでの記録です。