雲龍亭浜んまち/人気の一口餃子は玉ねぎたっぷり、あっさり野菜系

全部食べ歩き

大好きな”あっさり系”の餃子でした!

先日行った長崎で「桃太呂」さんへ行った後、You Tubeで見た事のある餃子屋さんを見つけたので行ってみました。
長崎の味 一口餃子 雲龍亭”さんです!

外観

ちょっと奥まったところにありますが、見通し良い場所だし、黄色い看板が目立ってました。

基本情報

店名:雲龍亭 浜んまち
住所:長崎県長崎市浜町10-3
営業時間:火~土  14:30~23:00
日 ・ 祝 13:00~22:00
定休日:月曜日(祝日の場合、翌日が定休)
電話:095-822-4621
キャッシュレス対応:現金のみ

※ホームページからお取り寄せも出来るようになっています♪

お店は入口が2ヶ所!

近づいてみると入口が2ヶ所ありました!
(屮゜Д゜)屮わ!

外観

「ぬぬっ!これは移転前の”わすれな草”さん的な造りに違いニャいっす!」

肥後橋にあった時の「わすれな草」さんが一番に浮かんできました。
どうやら店内が広くないのは確定ぽいようでした^^;

表にはテイクアウトの案内や、営業時間が貼られていました。

テイクアウト

営業時間

流行り病の影響でカウンター席は2名まで、2階席は5名まで、となっていました。
あ、2階にも席があるのねん!

入口

でも一番衝撃的というかインパクトがあったのは暖簾でした!
w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

暖簾

めっちゃ年季が入ってる!!
。゚(´^o^`)゚。

もしかして頑固なご主人なのかな?なんて事を思いつつ、ドキドキしながら扉を開けましたw

メニュー

店内はL字型のカウンターになっていて、中で調理されていました。
2ヶ所の入口はどちらから入っても大丈夫で、思っていたより広くてちょっと驚きました。

メニューはこんな感じで、餃子とニラ料理とドリンク、といったランナップでした。

メニュー

入った時に、「餃子だけですが大丈夫ですか?」と聞かれたんですが、どうやら普通の中華料理屋さんと思って来られる方が多いようでした。

すぐ近くに「雲龍亭本店」が有って、そちらは普通にラーメン等もあるようでした。

注文したのはもちろん餃子とビールです♪
o(^o^)o ワクワク

目の前の調味料たちです。
ソースは”肝焼”や”韮玉”とかに使う用かな?

調味料

餃子は餃子用のタレが用意されていたので小皿に入れて焼き上がるのを待ちました♪

一口餃子と生ビール

わーい!
(^o^)

ビール

餃子は丸っこくて可愛い大きさ!
タレは見た感じ真っ黒濃いめでした!

餃子

”一口餃子”というだけあって、本当に一口で食べれそうなくらいの大きさでした。
でも、それより気になったのはこの形!
焼き目のあるところだけがプクッと盛り上がってて、ちょっと不思議な形状でした!

TOP

先ずはそのまま食べてみます!
裏表(上下?)はこんな感じ。

餃子

餃子

(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…

ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

何これ!
めっちゃ食べやすーい!!

中を見るとほぼ真っ白な感じ!
( *゚∀゚* )

中身

あっさり系餃子が好きな身としては、大好物な味でした!
(≧∇≦)b

ぱっと見、普通に油っぽい感じもするんですが、食べてみるとあっさり、さっぱり、それでいて豚肉の旨味はしっかり美味しくて餃子を食べてる感がありました!

ということは、濃そうに見えるタレはやっぱり濃いめなのかな?

餃子

餃子

タレを付けて食べてみるとこっちも美味しい〜!!
ちょっと濃い目のような気はしますが

だが、それがいい

ビールとナイスカップル成立でした!
♪(人´∀`)

皮は見た目のまんまパリッと焼かれていて、ぎっしり詰まった餡はあっさり優しい味わいです。

 

パリッと焼かれているので、力加減によってはバリッと破れちゃったりw

餃子

お聞きしたところによると、玉ねぎがたっぷり使われているとのことでした。
なるほど、それでこんなに優しい甘みであっさりサッパリしてるのねん♪
1人前だけ注文したんですが、2,3人前なら普通に食べれそうな気がしました。

やめられニャいとまらニャい♪
ヽ(*^O^*)_□

餃子

餃子

玉ねぎは淡路島産を使われているとのことでしたが、時季によって産地は変えられているとのことでした。

玉ねぎとニラが特徴なのは分かったんですが、玉ねぎの辛味や、水っぽさが全然無かったところも凄いと思いました。
美味しいとこだけ上手に詰め込んだ一口餃子は最高でした!
((美^~^味))モグモグ♪

まとめ

行って良かったです!

今までで一番好きなあっさり野菜系餃子は、神戸元町にある「赤萬」さんでしたが、こちらも大好きにナリました!
そういえばどっちも港町!
由来とか発祥とか文化とか調べたら楽しいかも♪
とりあえず次回から長崎に行ったら「吉宗」さんとセットでルーチン食べ歩き確定です!

余談ですが、焼き目部分だけがプクッと出てる形が気になったので、どんな焼き器を使われてるのかカウンターの中を覗き込んでみたかったんですが、黙々とお仕事をされてるご主人がちょっと怖そうでお願いするのを躊躇しちゃいました^^;

たこ焼き器の浅めな感じので焼いてるのかなぁ?

次回のミッションということで取っときますw

餃子