びわ湖大津プリンスホテル/お部屋編スカイフロアダブルルーム32階

TOPホテル

琵琶湖のホテルといえば「琵琶湖マリオットホテル」が最近お気に入りですが、もう一つ以前から一度行ってみたかったホテルが今回のプリンスホテルです。

何年か前に琵琶湖畔で行われた夏のイベントに参加したんですが、その時に見た大きな目立つ建物がこちらでした。
周りに高い建物は全然無いので、泊まるなら高層階から景色を見てみたいと思っていました。

前回の「名古屋プリンスホテルスカイタワー」と同じくプリンスポイントを利用してとってもお得に宿泊することが出来ました(^^)

名古屋プリンスホテルスカイタワー/お部屋は凄いシティ&トレインビュー
名古屋へ行く度に電車から見えて気になっていたノッポなビルにあるホテルです。 周りに高いビルが無いので、さぞ夜景が綺麗だろうと思っていました。 実際に宿泊してみると予想以上の素晴らしい夜景とトレインビューでテンションアガりまくりでした!

今回は2021年6月中旬、2泊3日の滞在です。
「お部屋編」と「朝食編」の2部構成です。

アクセス

JR大津駅前から出ている無料の送迎バスを利用しました。
大津駅北口改札を出たら、道路を渡って真っ直ぐ進むのみです。

思っていたよりも大型のバスでビックリ!
w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

バス

そういえば一昨年広島の「グランドプリンスホテル広島」に宿泊した時の送迎バスも同じように本格的な観光バス並みでした。

頼もしいw

バス

バスに揺られること約10分でホテルに到着しました。
プリンスセーフティコミットメント」の一環でエントランスのところにはアルコールスプレーが置かれていました。

入口

セーフティ

余談ですが、やっぱりこのロゴはヒルトンで使われているのとおんなじように見えちゃいます^^;

住所:滋賀県大津市におの浜4-7-7
・JR大津駅から無料シャトルバスまたはタクシーで平常時約10分
開業:1989年4月22日
※2016年4月1日「大津プリンスホテル」から名称変更

チェックインからお部屋まで

エントランスを入ると正面にどどんと階段とエスカレーターが現れました!

ロビー

1989年開業なのでバブル期真っ只中に設計された建物で、滋賀県で一番の高さだそうです。

ロビー

フロントカウンターの一番奥がプリンスステータスメンバー用のカウンターになっていましたが、チェックイン時は他にお客さんがいなかったのでこちらは使われていないようでした。

会員用

フロント

プリンスホテルのステータスは最下位のブルーメンバーなので特にこれといった特典は無しです。
でも、プリンスポイントを利用する事が目的でセゾンカードの「SEIBU PRINCE CLUBカード」をキープしています。
おかげでとってもお得にプリンスホテルを利用させていただいています。

そういえば昨年1月に品川プリンスホテルに宿泊したんですが、チェックインの行列が凄かった時、優先的にチェックインをしていただけた時もプリンスクラブメンバーで良かったと思いました。

係の方が待っているお客さんに確認しに来られた際、プリンスクラブの会員ということで専用カウンターに案内していただくことが出来、突然待ち時間ゼロになりました♪
これって、SFCとかJGCの手荷物検査に通じるものがあるような気がしました。

ということで、特にお部屋のアップグレード等も無く、いたってスムーズにチェックインを完了してお部屋に向かいました。

今回のお部屋は予定通りの32階です。

エレベーター

エレベーター

32階のエレベーターホールに到着!

エレベーターホール

ホテルは外から見た通りの半円形というか扇形的な形状でした。
お部屋の配置はこんな感じで全室琵琶湖ビューというのが素晴らしいです。

平面図

廊下

廊下を見ても曲がってる感じでした。

この頃は曲線になっているのがお洒落というか最先端だったのか、こういう建物が多い印象なんですが、実際のところはどうなんでしょうか^^;

反対に、最近は四角くて窓が大きい建物が多い印象です。

お部屋の入口には”プリンスセーフティコミットメント”のシールが貼られていました。

セーフティ

2泊3日を過ごすお部屋がどんなのかワクワクドキドキでシールをぶち破りました!

スカイフロアダブルルーム 32階

概要

ドアを開けるとこんな感じでした!
広い!?

部屋

左手が洗面台やバスルーム、右側にはクローゼットがありました。

バスルーム

クローゼット

奥に進んでベッドルームエリアです!
(*’▽’*)わぁ♪

部屋

初日はあいにくの曇り空でした。。

景色

下を見ると先程通ってきた道とホテルのプールが見えました。

下

窓側から入口方面を見るとお部屋全体はこんな感じでした。

振り返り

ベッドと窓の間のスペースにかなり余裕があってゆったり過ごせそうです(o^∀^)

詳細

入口すぐ右側のクローゼットです。
扉を開けると中にはセーフティボックス、スリッパ、折りたたみ式の荷物置きや消臭スプレーたちがありました。

クローゼット

ハンガーはプリンスホテルの名前の入ったものと、追加されたっぽいものと2種類ありました。
合計10本以上あったので使いきれませんでしたw

ハンガー

セーフティボックスは白色でした。
スリッパはメッシュタイプが2つありました。

セーフティボックス

スリッパ

ベッドはダブルベッドが1台です。
壁側のスペースが微妙に勿体ない気がしましたが、こちらに荷物置きを置いてスーツケースを置いたら、デスクやソファのある窓側スペースがゆったりしたまんま使えて良かったです。

ベッド

ベッドサイドにはコンセントとUSBもありました。
どうやら改装されているお部屋のようでした。

ベッドサイド

ベッドサイド

窓際にはソファと丸テーブルがありました。
テーブルの上にはテレビのリモコンやマスク、マスクケース、除菌シートが置かれていました。
マスクを持って来るのを忘れても安心です♪

ソファ

丸テーブル上

反対側にはデスクがありました。
デスクというより化粧台寄りの雰囲気かもw

デスク

下には冷蔵庫があって、右下の扉の中にはケトルやグラス等がありました。

そういえば煎茶とほうじ茶だけでコーヒーが無かったのはちょっと珍しい気がしました。
コーヒーカップが無かったので、コーヒーを入れ忘れた訳ではなく、デフォルトでコーヒーは無いのかなと思いました。

カップ

お茶

デスクの上にはかなり長めの延長コードが置かれていました。
お仕事をしてたのでコンセントはデスクに集中して必要でしたが、これがあったのでとっても助かりました(^^)

延長コード

空気清浄加湿器はパナソニックナノイーでした。

壁によく分からない空間があったんですが、カバンから出した小物たちを置くのにちょうど良いスペースでとっても重宝しました。
でも、もともと何の目的で作られたスペースなのか、単に何かを取り外した跡なのか地味に気になります^^;

空気清浄加湿器

部屋

ベッドルームエリアとホワイエとの間にはドアが付いてて仕切る事が出来るようになっていました。

ベッド

扉

ホワイエ側から見るとこんな感じだったんですが、ドアの後ろに謎のバーが付いてました。
洗濯物でも干すのか、タオルを掛けておくのか・・
ドアの厚みプラスα程度で、あんまり奥行きが無かったので結局ここは使いませんでした。

扉

パジャマは嬉しい上下セパレートタイプでした。
プリンスホテルのロゴ入りでした。

パジャマ

パジャマ

スリッパは最初見た時、使いまわしだと思ったんですが、とっても綺麗だったのでちゃんと洗われているようでした^^;
もちろん持参したアルコールスプレーをかけてから使ったんですが、よくある使い捨てタイプよりも底の厚みがあって履き心地は良かったです。

スリッパ

Wi-Fi

お部屋のWi-Fiスピードは十分な速度がありました。
お仕事をしてたんですが、ネット回線については全くノープロブレムでした。

チェックイン時にいただいたカードキーやホテルの説明です。

カードキーほか

バスルーム

ウェットエリアです。
入口ドアからすぐ左側にありました。

バスルーム

正面に洗面台、左がトイレ、右がバスルームになっていました。

洗面台の下にタオルやドライヤーがありました。
アメニティにボディタオルは無かったので、念の為と持参したものを使いました。
備えアレばなんとかw

洗面台

タオル

独立したトイレ内にも手洗い場があって驚いたんですが、水がチョロチョロでここはもう実用的には使えないようでした。

タオル

トイレ

ところで久しぶりに”National”と”松下電工”の文字を見ました!

トイレ

調べてみたらパナソニックブランドに変わったのが2008年なのでだいぶ長く活躍しているようでした。
そういえばスイッチの操作の仕方も微妙に一瞬悩んでしまいました^^;

余談ですがiPhoneが日本初上陸したのも2008年でした!

右側のバスルームです。

バスルーム

ドアや床面、蛇口等など時代を感じますが、バッチリ洗い場もあって、ゆったり使えました。

バスタブ

バスルーム

バスタブはとっても大きくて深さもありました。
※深さ56×58×120センチ位(内側)

アメニティの中に入浴剤も2つ用意されていたので、ありがたく使わせていただきました。

入浴剤

お風呂

オーバーフローも無いバスタブだったので肩までゆっくりと浸かる事が出来ました(^^)

その他 夜ご飯~翌朝

ホテル1階にショップもありましたが、品揃え的に物足りなかったので送迎バスを利用して一度大津駅まで戻りました。
大津駅には平和堂があったので、食料を調達してホテルに戻りました。

翌日お散歩してて気が付いたんですが、ホテルのすぐ近くにもスーパーバローがありました^^;

バス

平和堂

毎度おなじみお気に入りの檸檬堂をはじめ、お部屋にコーヒーが無かったのでコーヒーも調達してきました。
カフェオレにして飲もうと思って牛乳も買ってきたんですが、明治の”おいしい牛乳”の口部分が密閉出来る蓋になっていたことに驚きました!
これは便利でありがたかったです♪

冷蔵庫

ごはん

せっかくなので晩酌用のアテ、というか、これが夜ご飯になりました(^^ゞ

もうちょっとで晴れそうでしたが初日は曇り空のまま日が暮れていきました。

ビール

ホテル内にアイスディスペンサーは無くて、1階の売店で氷を購入してください、と案内にも記載されていました。
氷を買って檸檬堂ホームラン1本いっときました!

そういえば、テレビは台の上に置かれているだけだったので、いつものFireTVはラクラク設置することが出来ました♪

テレビ

氷

こんな感じで初日は終了。。
(-_-)zzzグゥ

天井

翌朝です!
何時だか忘れましたが勝手に目が覚めちゃいましたw

翌朝

朝焼けからの日の出が綺麗な琵琶湖でした!
(p゚∀゚q)おぉ♪

翌朝

2日目は良いお天気になりそうでした!

翌朝

だいぶ明るくなったので朝食をいただきに行きました。
朝食は37階の「レイクビューダイニング ビオナ」で朝7:00からでした。

翌朝

お部屋を出るとドアのところに朝刊が掛けられていました。

新聞

新聞の種類は特に聞かれなかったので、おそらく毎日新聞決め打ちなんだと思います。

朝食、ショップ、近所のお散歩については後編の朝食編に続きまーす!

良かった点・気になった点

やはり32階からの眺めは良かったです!
初日のお天気はイマイチでしたが、2日目は快晴だったので琵琶湖がとっても綺麗に見えました。

ちょっと面白かったのは、琵琶湖大橋や「琵琶湖マリオットホテル」が正面に見えた事でした!
( *゚∀゚* )ワーオ

マリオット

琵琶湖マリオットホテル/予想以上に良かったラウンジと安定の朝食編
かけ流しの温泉があるお部屋にアップグレードしていただいて、最高にゆっくり過ごせた今回の「琵琶湖マリオットホテル」でした。 それだけでも有り難過ぎるほどですが、プラチナエリートの特典でラウンジは利用出来るし、朝食は無料でいただるし、まさにパラダイスでした!

1階のショップだけで近所にお買い物出来るところが無いと思ってたら、スーパーや100円ショップ等がすぐ近くにあったので、連泊するのも全く不便なく過ごせる気がしました。
この点に関しては「琵琶湖マリオットホテル」の方が不便だと思いました。

デスクスペースがしっかりあってお仕事もしやすかったですが、椅子が化粧台用?なのか背もたれがなくて、その点だけ気になりました^^;

改装されているようでしたが、それでも年季が入ってるのは仕方ニャいとして、ミネラルウォーターが無かった事とコーヒーが無かった事はちょっと気になりました。

最近はビジネスホテルでもミネラルウォーターがサービスで用意されているところもあるので・・もしかして忘れられていただけなのかな・・

フェイスタオル、バスタオル共に薄めだった点も気になりましたが、もしかしてプリンスホテルのタオルってこれがデフォルトの仕様なのかも、と思い始めました(^.^;
でも、もう少しふんわり感が欲しい気がしますです。

勝手にデータベース

気になったところを気ままに勝手に記録するだけのコーナー

部屋タイプ スカイフロアダブルルーム
デスクサイズ 横2m強×高さ75×奥行き最大90センチ
※テレビがある為実際使える奥行きは50〜60センチ位
仕事しやすさ ◯ 椅子背もたれ無し
コンセント数(ベッドルームエリア) 5ヶ所9口
USB ベッドサイドに2ヶ所2口
テレビHDMI端子接続 ◎
空気清浄加湿器 有 パナソニックナノイー

丸テーブル 直径60×高さ57センチ
セーフティボックス 内径縦17×横25×奥行21センチ

バスタオルふんわり度 △
フェイスタオルふんわり度 △
ボディタオル 無し
スリッパ メッシュタイプ
ナイトウェア 有 上下セパレート
バスタブ満タン ◎ オーバーフロー無し
バスタブ大きい! 深さ56×58×120センチ(内側)

コンビニ ホテル内1階に有 お弁当類は種類多くない
スーパー 徒歩4分にバロー、サンドラッグ、100均有

大津駅行き無料シャトルバスが1時間に2本ペースで出ている為便利

今回の費用

今回もプリンスホテル公式サイトからです。
ちょっと特殊なプランで、「1泊あたりプリンスポイントを3,000ポイント以上利用する」事を条件に、1泊8,000円でした。

今回は2泊したので合計16,000円です。
そのうち6,000ポイント以上のプリンスポイント利用が必須でした。

今年の2月に宿泊した「名古屋プリンスホテルスカイタワー」で7,000ポイント利用しましたが、12月末期限のポイントがもう少し残っていたので、使い切るのにちょうど良かったです。

名古屋プリンスホテルスカイタワー/天空の朝食はお腹も心も幸せの朝ごはん
「名古屋プリンスホテルスカイタワー」お部屋編に続いて朝食編です。 お部屋はとにかく景色が最高でした! ”全室トレインビュー”はダテぢゃないだけでなく、夜景も期待を上回る絶景体験でした! そんな素敵なお部屋で目覚めた翌朝からチェックアウトまでの記録です。

2日目の朝食だけいただいたので、2,600円追加で合計18,600円になりました。

最終的にプリンスポイントを13,000ポイント利用したので、残額5,600円をチェックアウト時にお支払いしました。

◆プラン名
【会員限定!3,000ポイントから利用できる】商品お引換券利用プラン(室料のみ)
※1泊あたりプリンスポイントを3,000ポイント以上利用することが条件
◆客室タイプ
スカイフロアダブルルーム(リニューアル)36.2㎡(32階)禁煙(禁煙部屋)×1室

料金:16,000円(消費税込)
支払額:5,600円(消費税込)
※朝食1回利用2,600円
※プリンスポイント13,000ポイント利用

まとめ

高層階からの景色を見てみたい!というのが一番だったので32階に泊まれて良かったです。

でも泊まった部屋に限らず、全室琵琶湖ビューというのは嬉しくなります。
あとは何階の高さから眺めるか、ということと、お部屋の位置によって若干朝日や夕日が見やすかったり、といった違いのような気がしました。

目の前に広がるレイクビューはやっぱり非日常感があって来て良かったと思えました。
晴れて本当に良かったです!

外に出るとお散歩するのにちょうど良い立地で公園もあったので運動不足にもならなさそうです。

散歩

次回「朝食編(朝食、ショップ、近所のお散歩)」も早めにアップしまーす!
(^∀^)ゞ

アップしましたー!
ヾ(≧∇≦*)ゝ

びわ湖大津プリンスホテル/朝食、お散歩、レイクビューの景色編
2021年6月の宿泊記録です。 お部屋編に続いて、朝食や琵琶湖ビューの景色、お散歩等についてまとめてみました。 プリンスポイントを利用しての素泊まりプランだったので、2日目は朝食をいただいてみました。 初日は曇り空でしたが翌朝は良いお天気になりそうでした!