バーラーペンギン堂/〆パフェ、辛口シャンパーニュ、すすきのの夜

食べ歩き

先月の札幌滞在中、お友達に連れて行ってもらったお店です。
お酒を飲みながら締めのパフェをいただけちゃうという素敵なお店でした(^^)

TOP

店名についてですが、「パーラー」ぢゃなくて「バーラー」が正解でした^^;

「バー」と「パーラー」を掛けて「バーラー」だそうです。

基本情報

店名:パルフェとお酒バーラーペンギン堂
住所:札幌市中央区南4条西1丁目6-1
営業時間:17:00〜24:00(23:00Lo)
※材料が無くなり次第閉店
定休日:水曜・その他
電話:011-261-2320
キャッシュレス対応:現金のみ
禁煙対応:全席禁煙

・地下鉄東豊線「豊水すすきの」下車、徒歩3分
・地下鉄南北線「すすきの」下車、徒歩6分

お店

古民家をリノベーションしたお店でした。
外観はこんな感じで、知らなかったら絶対一人では入ろうと思わない気がしました^^;

大阪で言うと中崎町辺りの雰囲気?

外観

驚くべきことに、お店の場所は月寒通からヒョイと横道に入ったらスグです!

月寒通

雰囲気の差が有り過ぎてビックリしちゃいました!

でも、知らない人を連れてきたら驚いて喜んでもらえそうな気がします♪
(ー▽ー)ニヤリ

メニュー

こちらがメニューです。

パフェは”パルフェ”と上品な?呼び方でした。

メニュー

メニュー

”バー”と”パーラー”なので、お酒メニューも充実してました。

特に驚いたのがシングルモルトウイスキーのコーナーでした!

メニュー

札幌初日に宿泊した「ANAホリデイ・イン札幌すすきの」さんの下にある「THE LONG BAR」のシングルモルトウイスキーの品揃えに驚かされたんですが、それに次いでまたしても現れたシングルモルト達!
もしかして北海道の人たちはシングルモルトウイスキーを飲む方が多いのかな?なんて考えたりしつつ、今日はシャンパンを飲みたい口でしたw

メニュー

メニュー

なぜなら、ここへ来る前にジンギスカンを食べてたからです!
キリッと炭酸をお口に入れてサッパリしたい感じでした♪

成吉思汗なまら/人生初のジンギスカン!生ラムでーじうみゃぁ~!!
ここまで臭みが無くて美味しくいただけるとは想像以上でした! 特に名物冷凍ラムのたたき”ラムぽん”は何と表現すれば良いのか分からない位衝撃的な美味しさでした! 札幌で間違いの無いジンギスカン屋さんといえばココ!というのが出来たのでちょっと大人になった気分です♪

シャンパンに和栗とメープルのパルフェ

♪(〃゚∇゚)ノ□☆□ヽ(゚∇゚*) カンパーイ♪

本日2回目の乾杯をしたら程なくしてパルフェが運ばれてきました!
(p゚∀゚q)おぉ♪

パフェ

かなり背が高くてボリュームもありそうなパフェでした!

かなり迷ったんですが、「和栗とメープルのパルフェ」にしてみました(^^)

パフェ

一緒にいただいたシャンパンは「ギュスタヴ・グサール シャンパーニュ ブリュット」です。
日本限定で辛口仕上げになっているそうです。
ジンギスカンの後にバッチリだワン!
♪( ´▽`)

シャンパン

お友達はたしか、”洋梨と柿のパルフェ”だったような・・^^;

パフェ

お酒もパフェもさっぱりと美味しくいただけて、飲んだ後の〆にはピッタリな気がしました♪

店内にはペンギンちゃんがいっぱい

お客さんのいなくなったスキを狙ってパシャリ!
パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

店内

店内あちこちにペンギンちゃんがたくさんいてペンギン好きにはたまらない空間のような気がしました。

カウンター席もあって一人でも来やすそうでしたが、席数があまり多くはない事と、人気店なのでタイミング次第のようでした。

店内

この後すぐにお客さんが続々と来店されて、あっという間に満席になったので長居はせずにお店を出ました。

まとめ

良いお店を教えてもらえちゃいました!
ヾ(≧∇≦*)/

ペンギンかわいいし、お酒色々あるし♪

立地も行きやすいし、ぜひまたおじゃましてみたいと思います。
季節限定のメニューも楽しみだし、「チョコレートと塩キャラメルのパルフェ」が定番の人気メニューのようなので食べてみたいし。
後はお店に行くタイミングが満席ぢゃないことを願うのみです♪

入口

初めての小樽さんぽ 後編/パンロール食べてぱんじゅう食べて伊勢鮨♪
昨年9月に行った札幌旅行で足をのばしてみた小樽散策の記録後編です。 小樽運河の次にやってきたのは「かま栄」さん! こちらは工場直売店なので出来たてのかまぼこをいただくことが出来ます! ショーケースを覗くと、お目当ての”パンロール”を発見!!