アンドルームス那覇ポート/使いやすいお部屋は海もスーパーも近くて便利

TOPホテル
スポンサーリンク

気になっていたホテル、「アンドルームス那覇ポート」さんに宿泊してきました〜!

今年(2022年)の6月1日に新規オープンされたばかりの新しいホテルです!

以前何度も行った事のあるエリアだったので、なんとなく場所のイメージはついてましたが、思っていた通り、スーパー「かねひで」さんも近いし、海も近いしの素敵な立地でした。

今回は2泊利用させていただきました。

「お部屋編」と「朝食編」の2回に分けてまとめみます。

先ずは「お部屋編」から。

ロゴ

宿泊したのは、2022年10月下旬です。

13階のインフィニティプール

アンドルームス那覇ポート」さんといえば、13階にある「インフィニティプール」がウリの一つですが、今回は利用しなかったので先に写真だけ載せておこうと思います^^;

13階に行ってみるとフロア図はこんな感じで、客室もありました。

プールは思ったほど広くはないようでした。

13階

こちらの階段を上がった先が「インフィニティプール」でした。

プール

入口には鍵がかかっていて入れないようになっていたので、外側から写真だけ撮ってみました。

思ったほど大きくはないですが、ここを貸し切り的に使えたら楽しそうな気がしました。

今からの季節は狙い目かも!?

プール

13階のエレベーターを出てすぐ右側、「インフィニティプール」の手前にはもう一つのウリである「プライベートサウナ」もありました。

サウナ

貸切個室サウナが2つ用意されているので、サウナーの方にとってはパラダイスなのかも、と想像してみました。

いらない情報ですがナリはサウナが苦手です^^;

アクセス

今回はちょっと贅沢をして、那覇空港からタクシーを利用しました^^;

この辺りは以前何度も来た事があったので、旭橋駅から歩くつもりだったんですが、今回は1週間分の荷物があったのでつい億劫になってしまいましたw

空港からのタクシー料金は1,510円でした。

住所:沖縄県那覇市西2丁目23-1
・ゆいレール「旭橋駅」徒歩約10分
・那覇空港より車で約7分
開業:2022年6月1日

外観と立地

先ずはホテルの外観です。

海がよく見える方に窓がたくさんありました。

ツインルーム等、広めのお部屋がこちら側にあるようでした。
(今回利用した”スーペリアダブル”は反対側だったので)

外観

外観

すぐ近くには高級な「ロワジールホテル」さんがあります。

那覇空港からタクシーで来る時は「ロワジールホテルの近くに最近出来たとこ」って伝えると「あー、はいはい、アソコね!」と一発で伝わりましたw

ロワジール

ちなみに、一番近いコンビニは「ロワジールホテル」さん館内にあるセブンイレブンだと思います。

反対方向同じくらいの距離にもセブンイレブンがありますが、気持ち的にはこちらの方が近いし、屋内を通って行けるので便利だと思います。

セブンイレブン

後で知ったんですが、「ロワジールホテル那覇」、「ロワジールスパタワー那覇」、「ホテル・アンドルームス那覇ポート」さんは全て「ソラーレホテルズアンドリゾーツ」さんのグループでした。

余談ですが、「ロワジールスパタワー那覇」さんはホテル代が安いうちに行っておけばよかったといまさら反省ちうですw

ロワジールホテルさんと同じくらいの距離(といってもすぐ近く)にあるのが、こちらのスーパー「かねひで にしのまち市場」さんです。

かねひで

お酒もご飯もお安く調達することが出来てとっても便利で助かりました。

地域クーポンが使えたらもっと良かったんですが、地域クーポンは利用可能なところがかなり限定されていてちょっと不便さを感じる利用条件でした。

ロワジールホテル」さんを通り過ぎた先には「三重城ふるさと海岸」があります。

向こう岸に見えるのは「那覇空港」です。

北側の端っこなので、ちょうどピーチの機体がよく見えたりします。

三重城ふるさと海岸

北方向に離陸する飛行機や、離陸が南側の時は、着陸してくる飛行機も見えます。

離陸する時は音がかなり迫力ありますが、子供の声がー、とか、比にならニャい感じだと思いますw

チェックインからお部屋まで

優雅にタクシーで乗り付けたので、バッチリ車寄せで降ろしていただきました。

車寄せ

エントランスのドアがちょっと個性的、というか、最初入口がどこか迷ってしまいましたw

丸窓のある扉が自動ドアで開くようになっていました。

エントランス

エントランス正面

中へ入るとロビーはこんな感じの雰囲気。

入って正面にフロントのカウンターが有って、右側にレストランがありました。

ロビー

フロントのカウンターには、歯ブラシ等のアメニティを自由に持って行けるようになっていました。

フロント

入って左側には自動支払機があって、その奥右に客室階へのエレベーターがありました。

エレベーターの前にはレンタサイクルがあって、チェックインした時にはほとんど出払ってましたが、翌日見たら結構な台数が用意されている事が分かりました。

利用してみようかな、と思ってたんですが、結局利用せずで終わってしまいました^^;

ロビー

自転車

チェックイン時間までちょっと早かったので、レストランで待つことにしました。

昼間はカフェとして営業されてて、コワーキングスペースとしても快適そうでした。

ブルーポート

1階レストラン

メニューを見てみると、ふむふむ、ブレンドコーヒーは600円なのねん。

メニュー

ハイボールは460円

アルコールメニュー

倹約家の庶民としては、ちょっとでも支出を抑える為に、やむなくハイボールを注文しますた。

わはw

ハイボール

クゥーッ!!”(*>∀<)o(酒)”

節約するのは良いことナリね〜♪

明日の朝は、ここが朝食会場になるようでした。

店内

店内

そうこうしていると、チェックイン可能です!とお声がけいただきました。

よく見たらフロントカウンター辺りには面白そうなアピールが!

えっ チャージ料金なしで部屋まで持ってきてくれる!?

ルームサービス

圧倒的コスパ&クオリティ 食ってみな、飛ぶぞ!

朝食

えー!なになにー!!?
( *゚∀゚* )

ルームサービス朝食のキャッチーな案内?に興味津々にナリました♪

もう一つ、目を引いたのはサイン色紙でした!

オリエンタルラジオさんは分かるです^^;

サウナが最高だった模様。

サイン色紙

ここで持っていけるアメニティは、歯ブラシカミソリコットン綿棒、でした。

アメニティバー

無事チェックイン手続きを済ませて向かうお部屋は9階でした!

エレベーター

エレベーター

館内のフロアはこんな感じになってました。

館内案内

プールとサウナ以外は全部1階に集中してる感じです。

9階に到着!

9階

真ん中は吹き抜けになってる構造でした。
(*・▽・*)

吹き抜け

この造りだと、雨風の強い日はちょっと嫌ですが、メリットとしては、お部屋の音が外で聞こえにくくなるんぢゃないかと思ってるので、ある意味安心できちゃう気がしてます。

どんなお部屋かなぁ〜♪

スーペリアダブルのお部屋

概要

ドアオープンっ!

部屋

入ってすぐの足元を見ると、靴を履いたまま中へ入るのがはばかられるようなセッティングでしたw

足元

思ったよりひろーーい!
(o゚▽゚)o

部屋

しっかり広いデスクスペースが嬉しいのと、窓が小さいのと、プラマイゼロ的な感じ?
。゚(´^o^`)゚。

部屋

気になる眺めは、ほぼお向かいマンションビュー+α?

眺め

振り返ると全体はこんな感じのお部屋でした。

振り返り

お部屋が広めなこともあって、テレビが小さく感じちゃうw

詳細

先ずは窓に面した広めなデスクです!

デスクの上には「ミラータブレット」と、時計、ティッシュ(ハーフサイズ)がありました。

リモコンは3つ置かれていました。

デスク

リモコン

ミラータブレット」はルームサービス・メニューが表示されたり、いぢるのは物珍しさもあって面白かったんですが、設定された時間になると「レイトチェックアウトしませんか?」といった広告的な表示が出てきて、ちょっと気にナリました^^;

ミラータブレット

ミラータブレット

空気清浄加湿器はちょっと良さげな大きめの筐体でした。

空気清浄加湿器

ソファベッド?と丸テーブルです。

オープン間もない割にはヘタってる感があるように見えました^^;

ソファ

デスク前にある椅子からの眺めと、ソファからの眺めはこんな感じ。

ベッド

テレビ

デスクの下には冷蔵庫、ケトル、カップがありました。

冷蔵庫は下段が出っ張ってて、容量的にはそんなに入らない仕様でした。

冷蔵庫

デスク横からテレビの下にかけて、ちょっとしたスペースがありました。

ここは物置として思った以上に重宝しました。

棚?

同じく、ベッドのヘッドボード上もこんな感じで物置きとして便利でした。

ヘッドボード

ベッド

ヘッドボードのスイッチ類は、向かって左側に集中していて、右側(壁側)はUSBとコンセントのみでした。

スイッチ

コンセント

入口周辺です。

入口

入ってスグ右側はクローゼットになっていました。

クローゼット

上と下が物置き仕様になっていて、こちらのスペースも重宝しました。

もしかして、ホテルの使い勝手は、「どれだけ物置スペースがあるか」に左右されるところも大きいのかな?と感じました。

棚

かご

下段の籠には、バスタオルとナイトウェアが入っていました。

ナイトウェア

ナイトウェアはワンピースのガウンでした。

ナイトウェア

スリッパは黒色の使い捨てタイプです。

バスルーム

普通のユニットバスでした。

ユニットバス

シャンプー達はホテルのオリジナルのようでした。

シャンプー

連泊だからかどうかは分かりませんが、タオルが最初から2組用意されていたのはちょっと嬉しくナリました。

タオル

ウォシュレット

タオルは1組だけと予想していたので、これは嬉しい誤算でした♪

ガーデンテラス

館内の案内を見ると、2階に「ガーデンテラス」と書かれていました。

これは気になる気になる。。

見に行ってみると、吹き抜けの一番下がこんな感じになっていました。

ナウシカで言うと、腐海の下、的な感じ?w

吹き抜け

ここをビアガーデン代わりに使うのも楽しそうな気がしましたが、ちょっと椅子とかテーブルが少ないかもw

ガーデン

ガーデン

おそらく、普通に座ってのんびりしてね♪のスペースだと思います^^;

ランドリー、自販機コーナー

1階の奥まったところにランドリーと自販機コーナーがありました。

自販機

嬉しかったのは自販機が電子マネー対応だった事でした!
(p゚∀゚q)おぉ♪

電子マネー

沖縄って、もともとエディが凄く普及していたので、本土の地方と比べてかなりキャッシュレス文化が進んでるような気がしてるんですが、実際のところはどうなんでしょう^^;

その他

今回のお部屋は「918」号室でした。

位置はこちら、もう一つ横なら角部屋だったんですが、、惜しい!

避難経路図

Wi-Fiスピードは、ビックリドッキリな爆速でした!
(」°ロ°)」

Wi-Fi

2泊3日だったので、時間帯を変えて何度か計測してみたんですが、遅くても180Mbpsという速すぎる仕様でした!

Wi-Fi

Wi-Fiスピード

パッと思いつくところだと、「ヒルトン東京」さんのWi-Fiも速かったんですが、300Mbps台は初めて見たかもしれニャいです。

ヒルトン東京/アップグレードでジュニアスイート&昼間のラウンジ
2022年2月末に2泊してきた西新宿の「ヒルトン東京」さんです! 今回はお部屋とラウンジのティータムの様子についてです。 日曜と月曜の2泊でしたが、月曜日の日中はラウンジが貸し切り状態でビックリ! でも油断してたら夜のカクテルタイムはほぼ満席でビックリ!!

これは動画のアップロードをする人も安心して利用出来るホテルだと思いました。

チェックイン時にいただいたカードキー、その他諸々です。

カードキーほか

全国旅行支援、「おきなわ彩発見NEXT」のクーポンも6,000円分いただきました。

1枚ずつ、利用日と氏名を記入する必要があって、微妙に面倒くさい仕様でした^^;

クーポン

クーポン

館内および客室のご案内」です。

案内

連泊の場合、お部屋の清掃はお願いしたい場合のみドアにサインを付けておく仕様でした。

何も無い場合は、タオルをドアにかけておいていただけるシステムでした。

先日泊まった「ヴィアイン広島新幹線口」さんと同じような感じでした。

ヴィアイン広島新幹線口/やっぱり駅近超便利!連泊時のアメニティも親切♪
広島駅スグのホテルです。 JRが運営しているので、「ヴィアインホテルズ」さんはどこも駅から徒歩5分圏内の立地だそうです。 「ヴィアイン広島新幹線口 紅葉の湯」さんも広島駅から徒歩3分でした。 11月1日から「ヴィアインプライム広島新幹線口 紅葉の湯」に名称が変更になっています。

昼間はお部屋でお仕事をしていることが多いので、特に何も言わなかったら、アメニティをドアに掛けておいていただけるシステムが、一番手間がかからなくて楽ちんです(^^)

良かった点・気になった点

◎壁沿いの物置きスペースが使いやすい

高級感とか雰囲気は別の話になると思いますが、「使い勝手」については、お部屋の広さに比例する訳ではなく、「どれだけ物置スペースがあるか」に比例するような気がした今回のお部屋でした。

棚?

クローゼットの物置スペースもGoodでした(^^)

▲背もたれ欲しい

そもそもビジネスホテルともちょっと違うし、と言われればそれまでなんですが^^;

せっかく広いデスクスペースがあるので、もう少し椅子も長時間座ることを想定した仕様だったらいいのになぁ、と感じました^^;

椅子

◎何もしなくてもタオルが補充してもらえるシステムが嬉しかったです。

何もしなければ、こんな感じでドアにタオル一式を掛けておいていただけるシステムでした。

連泊の場合は、「お掃除は不要なので、◯と◯だけ持って来てほしい、できれば時間は◯頃がありがたい」といった感じでお願いをする事が殆どです。

リクエストも何もしなくていい、というのは一番楽ちんでした。

タオル

タオル

◎デスクスペースが広くて明るくて良き

やっぱり広さが素晴らしかったです!

奥行は約52センチ、横幅は約203センチもありました!

●給気口からの風の音がかなり大きかった

滞在した初日と翌日は特に風が強い日でした。

おそらく給気口だと思うんですが、外の風の音がめちゃくちゃリアルに感じられました。

起きてる間はそうでもなかったんですが、寝る時は音が凄く気になってしまいました。

これはどうしようもないのかなぁ^^;

▲椅子とソファベッドの配置について

椅子は左側にありました。

ソファベッドは右側でした。

デスク上の照明は右側にありました。

デスク

照明

ソファベッドを左側に置けば、照明が真上だし、デスクとして更に使いやすさが向上したような気がします。

デスク

おそらく、テレビを見ることを考えての配置ではないかという気がしたんですが、先日利用した「南紀白浜マリオットホテル」さんは、そんなことは考慮してない(と思われる)配置だったので、デスクの使いやすさを優先してくれた方が嬉しかったんだけどなぁ、と思っちゃいました^^;

●セーフティボックス無し

実際、今のところ日本では無くても大丈夫じゃね?と言われれば、「御意!」になっちゃうと思うんですが、なんとなくの安心感という意味で、やっぱり欲しい気がしました^^;

勝手にデータベース

気になったところを気ままに勝手に記録するだけのコーナー

部屋タイプ スーペリアダブル
デスクサイズ 奥行52×高さ72×横203センチ
仕事しやすさ ◯ 広さはOK。椅子に背もたれがあれば尚良し
コンセント数(ベッドルームエリア) 4ヶ所10口
USB端子 2ヶ所3口

テレビHDMI端子接続 壁掛け完全固定 背面なんとか使える&USBから電源
空気清浄加湿器 有 シャープ ちょっと良いやつ

荷物置き 無
ティッシュペーパー ハーフサイズ1つ
無料ミネラルウォーター 無し

バスタオルふんわり度 ◯
フェイスタオルふんわり度 ◯
ボディタオル 無し
スリッパ 使い捨てタイプ2つ
ナイトウェア ワンピースタイプ
バスタブ満タン オーバーフロー有り

ミラータブレット有
電話機無 各階エレベーターホールにレセプション直通電話有
テレビ下の棚 奥行15×長さ330センチ
ベッドヘッドボード 奥行7センチ

コンビニ ロワジールホテル内にセブンイレブン有
スーパー タウンプラザかねひでにしのまち市場近い!

今回の費用

今回は「じゃらん」からの予約です。

もちろん、いつものようにポイントサイトを経由してからの「じゃらん」です。

「楽天トラベル」の還元率はいつも1%ですが、「じゃらん」は常にそれよりも高い還元率です。

今回はたしか2%くらいだったと思うので、単純計算で「楽天トラベル」の2倍です♪

塵も積もれば山となるということと、他の買い物等をする際にも、ポイントサイトを調べてみる、という癖を付けるという目的もあったりします^^;

一番利用しているのは「モッピー」です。

理由はキャラクターが可愛い事とマリオット系列の還元率が高い事です。

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

予約したプランは「開業記念スペシャルプライス(素泊まり)」で「スーペリアダブル(禁煙)」のお部屋でした。

7,480円×2泊分で14,960円でした。

じゃらんの割引クーポンがなぜか1,000円分あったので、それを利用して13,960円にナリました。

全国旅行支援クーポンが既存予約にも適用されたので、「じゃらん」からポチッとな、とクリックしたら5,584円もお安くナリました。

さらに、手持ちのポンタポイントを4,000ポイント利用して、支払額は2泊で4,376円にナリました!

地域クーポンは2泊なので6,000円分いただいて、朝食1回とあとはお買い物で利用しました。

プラン:開業記念スペシャルプライス(素泊まり)
お部屋タイプ:スーペリアダブル(禁煙)
料金:14,960円(消費税込)
割引:旅行支援5,584円+じゃらんクーポン1,000円+ポンタポイント4,000ポイント
支払額:4,376円(税込)
※地域クーポン6,000円分

朝食とルームサービス編に続きます!

沖縄ではあまり「最寄駅」って言わないのかもですが・・

最寄駅の旭橋駅からはちょっと離れてて、利便性という意味ではどうなのかな?という気がしてましたが、コンビニもスーパーも近いし、ルームサービスもお手頃価格だし、海辺も近くて思っていた以上に便利な立地のホテルだと思いました。

すぐ目の前にあるスーパー「かねひで にしのまち市場」さんや、ルームサービスや、朝食については後編でまとめてます!
(`・ω・´)シャキーン!

アンドルームス那覇ポート/ルームサービスの夜ごはんと朝食ビュッフェ
2022年6月1日にオープンされたばかりの新しいホテルです。 宿泊したのが10月なので、まだ半年も経ってないピカピカホテルでした! 「お部屋編」に続いて今回は「朝食編」です。 ルームサービスとは思えないお値段で、とっても便利な「ルームサービス」も利用してみたので、一緒にまとめてみました。

カレー