たなべのかりん糖/しっとり、じわ~と食感が最高に美味しい新潟銘菓

TOPおみやげ

4月に行ってきた初めての新潟からお土産で買って帰りました。
パッと見てピンと来たので買ってみたんですが、大正解でした!
\(^▽^)/

初めての新潟散歩 後編/居酒屋五八〜新潟空港〜エアリウムラウンジ
お友達が連れて行ってくれたのは新潟駅近く(徒歩5分)の「越佐情熱酒場 五八」さんでした! 席に用意されている取皿は一番上にラップがされていて、2枚目から下を使うようになっていました! これはとっても好きなサービスの一つだったので、この時点で五八さんの評価は二重丸ですw

たなべのかりん糖

新潟空港のお土産屋さんで色々物色してたら見つけてしまいました!

かりんとう

解説を見るだけで美味しそうでした!
(o゚▽゚)o

かりんとう

田辺菓子舗
たなべのかりん糖
昭和2年の創業以来、かりん糖だけを作り続けている田辺菓子舗。
材料は、すべて無添加・無着色。
驚くほ程大きな、かりん糖は一般的なかりん糖とは違い黒砂糖をたっぷり使うことで、一切焦がすことなく仕上げています。
油にもこだわり、精製しない絞りたてのナタネ油を使用。
深いコクのある、素朴な味わいは一度食べたら忘れられない逸品!!

手にとってみるとびっくりする程の重量感にびっくりしてしまいました!←小泉ナントカ風w

表

手のひらに乗せるとちょうど一回り大きいくらいの袋です。
だいたい15センチ四方といった感じでした。
中身は大きなかりん糖が10本のみという潔さ!

裏面

1本あたり108Kcalというのも分かりやすくて良いですw

気になる中身のかりん糖本体はこんな感じで、いかにも手作り感というか、見るからに素朴な出で立ちでした。
って、かりん糖って全部そんな気もしますが^^;

かりんとう

かりんとう

早く食べたいが先行しちゃって、重さを計るのを忘れてしまったのが悔やまれるんですが、1本あたりの長さは10センチ強くらいでした。

実際に食べてみると意外とソフトな食感でした!
サクッとか、カリッとではなくて、じわ~っという方が合ってそうな柔らかい食感でした。

噛む前からお口の中は湿度MAXですが、表面の甘くて少しだけ硬さの感じられるかりん糖を噛むと一瞬で黒砂糖の美味しさが広がります!
オイシ━━。+゜(*´>艸<`*)。+゜━━イ!!

ちょっと油っぽいかな?という気もしましたが、あら不思議、すぐに二本目が欲しくなっちゃいますw
3本連続で食べたところで、一旦休憩にしました^^;
たなべのかりん糖”おそるべし。

1袋税込み370円というお値段もお土産品として考えたらすんごくお値打ちだし、これをもらったら喜ぶ人は多いような気がしました。

もちろん自分用に次回もまた買って帰ると思います(^^)

新潟の味ポッポ焼き

ところでお土産屋さんで見かけたこちら「ポッポ焼き」もメチャクチャ気になったんですが、残念ながら売り切れ中でした。

ぽっぽ焼き

黒糖の焼菓子”で”新潟っ子のソウルフード”らしいです。

最近大好きな沖縄の「黒糖ポーポー」と同じような気がするのでぜひ確かめてみたい気がします。

沖縄オキコパンの黒糖ポーポーはもっちり、くるくる、滋味深くて旨し
沖縄のパンといえば「ぐしけんパン」の”なかよしパン”や”うず巻サンド”がぱっと浮かびますが、もう一つ「オキコパン」もあります。 なぜか今まで気付かず今回初めて買ってみたのがこちらの「黒糖ポーポー」です! ”昔なつかし沖縄の味”と書かれています。

次回のお楽しみということで、2回目の新潟行き計画を立てなくちゃ!
♪( ´▽`)

まとめ

新潟は今回初めてでしたが、まだまだ知らない美味しいものがいっぱいあるということを思い知りました。
たかがかりん糖、されどかりん糖、なかなか奥が深そうです。
でもストレートにめちゃくちゃ美味しくて大好きになりました!
次回も絶対買って帰りまーす!
ヾ(≧∇≦*)ゝ

初めての新潟散歩 前編/伊丹空港〜新潟駅〜ばかうけ展望台~乾杯まで
4月中旬に行った初めての新潟1泊2日を軽くまとめちゃいます! JGC修行中の身ですが、アレの影響で欠航便が結構。。。往復ともにANAを利用しました。 本当はエンブラエルに乗りたかったんですが、行きも帰りも毎度おなじみプロペラのボンQで行ってきました。